FLEXISPOT Sit2Go FC211 レビュー | テレワークの運動不足解消にオススメのバイクチェア

kaz
どうもkazlogのkaz(@kaz_fukumaru)です。

今回は、テレワークによる運動不足解消に役立つ
FlexiSpotのバイクチェア「Sit2Go FC211」を
紹介していきたいと思います!

Sit2Go FC211の画像

何かをしながら運動する習慣をつくることができるので、日頃の運動不足に悩む方にぜひチェックして欲しい製品です!

本記事ではFlexiSpotより製品サンプルをご提供いただきました。

目次

Sit2Go FC211の製品概要

Sit2Go FC211の製品イメージ画像の引用
製品ページの引用

Sit2Go FC211」は、電動昇降デスクメーカーとして人気の「FlexiSpot」の販売するバイクチェア製品です。

一般的な家庭用フィットネスバイクと異なり、デスクワークでの使用に最適化されています。

そのため、在宅ワークによる運動不足や、心身のストレス解消に活用できるのが特徴です。

もちろん仕事中に限らず、映画・動画の視聴や、読書しながらの使用にも活用することができます。

外観の紹介

まずは、Sit2Go FC211」の外観を紹介していきます。

段ボールを開けると中身はこちらになります。

Sit2Go FC211を箱から取り出した画像

付属品は下記の通りです。

・Sit2Go FC211本体
・取扱説明書
・組み立て用工具
・組み立て用のネジ類

組み立てに必要な工具は全て同梱されているので、自分で用意する必要がないのが助かります!

組み立て前のSit2Go FC211の写真

組み立てもペダルや座面のとりつけなど、簡単な作業だけなので時間や手間もかかりません。


それでは、Sit2Go FC211」の外観を見ていきましょう!

Sit2Go FC2114の写真

一般的なフィットネスバイクと異なり、ハンドル部分がなく代わりに背もたれがあるのが特徴的です。

Sit2Go FC211の座面部分の写真

座面はクッション性のある素材が使われていて

Sit2Go FC211の背もたれ部分の写真

背もたれはメッシュ素材が使われているので、夏場に背中の蒸れを心配する必要がなさそうです。

Sit2Go FC211のペダル部分の写真

ペダル部分は平面でザラ付きもないので、素足で漕いでも痛くありません!

液晶ディスプレイ部分の写真

ボディに液晶ディスプレイが搭載されいて、運動時間や消費カロリーなどの情報を確認することができます。

キャスター部分の写真

4つの脚すべてにキャスターがついているので、移動も簡単に行なうことができます。

Sit2Go FC211 レビュー

Sit2Go FC211」の実際の使用感について紹介していきましょう!

デスクワーク中に快適に運動ができる

Sit2Go FC211とデスク周りの写真

Sit2Go FC211」の一番の魅力は、デスクワーク中に座りながら運動を行なえる点です。

身体が痛くなったり、リフレッシュしたい時に、椅子をSit2Go FC211」と入れ替えます。

Sit2Go FC211をデスク周りに設置している写真

ハンドル部分がないので、そのまま机の下にセットすることができます。

あとは、ペダルを漕ぎながら仕事を行なうことで、
デスクワークと運動を両立することができるんです!

体を動かすことで固まっていた部位がほぐれますし、良い気分転換にもなります。

僕の場合は作業の集中力が切れてきた際のリフレッシュや、少し眠気がきた際に体を動かして目を覚ます際に使用しています。

Sit2Go FC211」を使い始めてから、身体が疲れにくくなったように感じます。実際に体重にも変化が出ているので、運動不足を解消できているのを実感しています。

FlexiSpotから販売されている、電動昇降デスクと組み合わせると、作業をしやすい高さに合わせて細かく調整できるのでオススメです。

サイズがコンパクトなので使いやすい

Sit2Go FC211の写真

フィットネスバイクというと、サイズが大きくて設置が心配と感じる方も多いかと思います。

Sit2Go FC211」は、ハンドルのない構造のため一般的なフィットネスバイクよりも小型です。

Sit2Go FC211を折り畳んだ写真
製品ページの引用

また、脚を折り畳むことができるので、使わない際はさらにコンパクトに置いて置くことができます。

暮らしのスペースを圧迫せずに使用できるので、様々な住環境に合わせて活用できる製品です。

座り心地が快適で安定感もある

Sit2Go FC211の座面と背もたれの写真

デスクワーク中の椅子がわりに使用する製品なので、座り心地についても触れておきます。

座面はクッション性が高く、長時間座ってペダルを漕ぎながら作業しても、お尻が痛くなることはありませんでした。

横幅も広く作られているので、ペダルを漕いでいる最中にバランスを崩して落ちそうになることもなかったです。

背もたれ部分もかなり大きく作られているので、しっかりと背中を包み込んでくれるため安定感があります。

実際に仕事をしながら使用していますが、快適に作業するのに十分な座り心地と言えます。

フィットネスバイクとしての実用性も高い

Sit2Go FC211」は、フィットネスバイクとしての機能性もしっかり担保された製品になっています。

負荷調整ペダルの部分の写真

ペダルを漕ぐ際に脚にかかる負荷を、8段階で調整することができます。ちょっとした運動から本格的なトレーニングまで、自分の用途に合わせて使用することができます。

自分の運動内容について、液晶ディスプレイから確認を行なうことができます。

運動時間や消費カロリーなどを把握することができるので、しっかりと目標をたてて運動をしたいと考えている人にもオススメできる製品になっています。

Sit2Go FC211 の気になる点

Sit2Go FC211」を、実際に使用して感じた気になる点についても紹介します。

液晶ディスプレイがバックライト非搭載

Sit2Go FC211を漕いでいる際に見える液晶ディスプレイの写真

フィットネスチェアとしての使用感については、非常に満足しています。

唯一、気になる部分としては、液晶ディスプレイがバックライト非搭載していない点が挙げられます。

液晶ディスプレイが足の間に設置されているため、どうしても暗くなってしまい画面の表示が見づらくなってしまいます。

運動量を気にせず使う人なら、全く気にならない点ではありますが、この点も改善されるとより多くの人が満足できると思いました。

まとめ

Sit2Go FC211を設置した部屋の写真

以上が、FlexiSpotmのバイクチェア「Sit2Go FC211」の製品概要と使用感の紹介になります。

テレワークの運動不足の解消はもちろんのこと、動画視聴や読書と組み合わせて” ながら “運動ができる便利なアイテムです。

良いところ
気になるところ
  • 在宅勤務の運動不足を解消できる
  • 座り心地が快適
  • フィットネスバイクとして十分活用できる
  • サイズがコンパクト
  • キャスター付きで移動が簡単
  • 液晶ディスプレイがバックライト非搭載

個人的に非常に満足度の高い製品なので、気になる方はぜひチェックしてみてください!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる