【レビュー】FlexiSpot E8 電動昇降スタンディングデスク | 性能と実際の使用感を紹介します

kaz
どうもkazlogのkaz(@kaz_fukumaru)です。

今回は、電動昇降スタンディングデスク「E8」を、「FlexiSpot」さんからご提供いただいたので、製品の特徴と実際の使用感について紹介をしていきたいと思います!

FlexiSpot E8の写真

これまでに多くの電動昇降スタンディングデスクを販売してきた、人気ブランド「FlexiSpot」ならではの
機能性の高さデザイン性の高さを兼ね備えた製品になっています。

電動昇降スタンディングデスクの購入を検討している方に、ぜひチェックして欲しい製品です。

本記事ではFlexiSpotより製品サンプルをご提供いただきました。

目次

FlexiSpot E8 電動昇降スタンディングデスクレビュー

それでは、「FlexiSpot」の電動昇降スタンディングデスク「E8」の紹介を行なっていきましょう!

製品の概要と特徴

FlexiSpot E8の製品イメージ画像
製品ページより引用

「E8」は、人気ブランド「FlexiSpot」の販売する電動昇降デスクの最新モデルです。

前モデルの「E7」からの変更点は、静音性の向上USBポート搭載楕円形の脚部デザインが挙げられます。

以前は竹製の天板とのセット販売でしたが、現在は
脚単体での購入や、FlexiSpot純正の天板とセットで購入することができます。

天板についての説明画像
製品ページより引用

FlexiSpotの公式ストアで脚と天板を購入する場合は
天板のサイズ・カラー・形状を選択することが可能です。天板によって価格は異なりますが、自分好みの組み合わせを選ぶことができます!

FlexiSpot公式で購入した天板には、脚をネジ止めする箇所に最初から下穴が空いているので、組み立て時に迷わずに済みます。DIYや工作の経験がない・苦手という方は公式で天板を購入するがオススメです。

FlexiSpot E8の色の紹介画像
製品ページより引用

脚フレームのカラーは、ホワイト・ブラックの2色展開です。

脚を単体で購入する場合は、現在使用している天板や、他社製の天板と組み合わせて使用することが可能です。

引っ越しや模様替えで、天板の色やサイズを変えたい時には、天板だけ交換して使用できるので長く使い続けることができますね!

FlexiSpot E8の写真のスペック画像
製品ページより引用

性能面については、耐荷重125kg、デスクの昇降範囲も60~125cmと高さ調整の幅も広く、FlexiSpot製品の中でもトップクラスになります!

自分のお気に入りの高さを記憶するメモリー機能や、障害物検知による安全機能など、電動昇降デスクに求められる機能をしっかりと抑えています。

組み立てと外観の紹介

組み立て前のFlexiSpot E8の写真

それでは、製品を組み立てて外観の確認を行なっていきます!

今回ご提供いただいたのは、脚フレーム「E8」と
サイズが120×60cmの長方形天板です。

コンプされたFlexiSpot E8と天板の写真

脚フレームと天板は別々に梱包された状態で届きます。天板の方が段ボールのサイズが大きいのですが、重さに関しては脚の方が重たいので運ぶ際には注意してください。(梱包時の重さで約36.0kgあります)

電動ドライバーで組み立て作業をしている写真

組み立ての際には、天板と脚フレームをネジで固定するので、電動ドライバーを用意しておくと作業がかなり楽になります。僕は元々電動ドライバーを持っていなかったので、今回を機に購入しました。

梱包時の段ボールの上に天板を置いて組み立て作業をすることで、下の階に作業音が響かないのと、天板に傷が着くのを防げるのでオススメです。

組み立て時の様子の写真

組み立て完了後に完成した机をひっくり返すことになります。僕は一人で作業したんですが、かなり重いので安全を考慮し2人以上で持ち上げることを推奨します。

組み立て方の詳細は、下記の動画も参考にしてみてください。


完成した「E8」の外観を紹介していきましょう!

FlexiSpot E8の写真

今回は、フレームと天板の両方を白色で揃えているので、統一感のある仕上がりです。

FlexiSpot E8の脚部の写真

脚フレーム「E8」の特徴として、脚部が楕円形になっています。電動昇降デスクの脚といえば四角くてカクカクしたイメージがあったので、このデザインはかなり新鮮に感じています。

次に操作用のタッチパネルを見ていきましょう。

タッチパネルの解説画像

昇降操作用のボタン以外にも、お気に入りの高さの登録ボタンや、登録した高さに自動調節するためのボタンが設置されています。

タッチパネルは組み立て時に、デスクの左右のどちらにでも設置することができます。

FlexiSpot E8の多機能タッチパネルの写真

ですが「E8」の場合、タッチパネルの右側面にUSBポートを搭載しているので、僕はポートが外向きになる方が使いやすいと思ったので右側に装着しました。

次に、デスクを下から覗いて、天板と固定するためのフレーム部分を見ていきます。

E8のフレームの写真

一般的なデスクと異なり、足だけでなくフレーム全体で天板を支える構造になっています。

フレームには、電源やモーターとの接続ケーブルを隠すためのトレーが設置されており、スッキリしています。

FlexiSpot E8 を実際に使用して感じた良いところ

FlexiSpotの電動昇降スタンディングデスク「E8」を実際に使用して感じた、良いところについて紹介してきます。

高さ調整がスムーズで音も小さい

FlexiSpot E8の写真

「E8」は、昇降時の音が小さく、ストレスなく使用することができます

また、2つのモーターを搭載したデュアルモーター式のため、昇降時の動作も非常にスムーズです

立って作業したいと思った時に、即座に高さを調整できるので、テンポよく作業に集中することができます。

デスクの上の写真

机の上にモニターやガジェット類を、色々載せていても問題なくパワフルに稼働してくれています!

多機能タッチパネルの操作性が高い

FlexiSpot E8の多機能タッチパネルの写真

「E8」の操作はタッチパネルに集約されており、手元で全ての操作を行うことができます。

軽く指を触れさせるだけで、瞬時に反応してくれます。

特に便利なのが、お気に入りのデスクの高さを記憶してくれるメモリー機能です。

高さ登録ボタンの写真

タッチパネルの右側に4つ搭載されており、各ボタンに好きなデスクの高さを登録することができます。

高さ登録ボタンの登録内容の解説画像

僕は立ち姿と座っている姿勢のイラストが描かれたボタンに、座って使用する際のデスクの高さと、立って作業する際の高さを登録しています。

数字の1と2のボタンには、部屋の光の入り方に合わせてデスクの上で写真撮影をする際の高さを登録しています。

1タップするだけで、自動で目的に合わせたデスクの高さに調整してくれるので、操作の手間がなく非常に快適です。

タッチパネル横のUSB端子の使い勝手がよい

FlexiSpot E8のUSBポートの写真

「E8」のタッチパネルにはUSBポートが搭載されており、スマホなどの充電に活用することができます。

このデスクを使い始めて感じたのですが、思った以上に便利で用途もかなり広いです。

USBポートが1つ増えるだけで、デスク周りの快適さが向上しているので便利なポイントと言えるでしょう。

好きな天板と組み合わせて使用できる

E8の天板の様子

「E8」は、他社製の天板と組み合わせて使用できるのも大きな魅力です。

規格に適応した天板であれば、好きなデザイン・色・サイズの物を選ぶことができます。

これまで使用していたお気に入りの天板があるという方や、好きなメーカーの天板と組み合わせて使用したいという場合にもオススメできる製品です。

デザイン性と安全性を両立したフォルム

E8を部屋に設置した写真

「E8」は、脚部が楕円形のデザインになっているのが特徴です。

丸みのあるデザインは、柔らかい印象を与えてくれるので、部屋に設置した際の圧迫感を感じません。

設置する部屋を選ばない、馴染みやすいデザインだと感じています。

FlexiSpot E8の脚部の写真

角がないので、子供やペットがぶつかった際の、怪我のリスクを減らすことも期待できそうです。

デザイン性・安全性に配慮した製品と言えるでしょう。

FlexiSpot E8 を実際に使用して感じた気になるところ

FlexiSpotの電動昇降スタンディングデスク「E8」を実際に使用して感じた、気になる点についても触れておきます。

タッチパネルの誤操作に注意

ロックをかけている写真

「E8」のタッチパネルは、感度が高いため少し腕や手が触れただけでも、反応してデスクが動いてしまうことがあります。

意図せずに机が動き出すので、けっこう驚きます、、

しかし「E8」にはロック機能がついていますので、高さを調整したらロックをかけてしまえば、誤動作を防ぐことができます。
※ロックは、高さ記憶ボタンを五秒ほど押すことでかけることができます。

障害物検知機能も搭載されているで、安全面についても考慮がされています。

重量が重い

「E8」に限ったことではありませんが、電動昇降デスクは一般的なデスクに比べて重量があります。

部屋の模様替えの際など、デスクを移動させる場合に労力が必要です。

ねじ式キャスターW1の写真
製品ページより引用

この点については、FlexiSpotから販売されている
キャスター「W1」を使用することで改善ができそうです。

ねじ式キャスターW1の使用イメージ画像
製品ページより引用

脚部の裏に装着することで、デスクをスムーズに移動させることができます。

FlexiSpot E8 を実際に使用したデスクセットアップをご紹介

E8を使ったデスク周りの写真

FlexiSpotの電動昇降スタンディングデスク「E8」を、実際に使用してデスク環境を構築しました。使用例や製品のイメージを掴む参考になったら幸いです。

過去のデスクツアー記事でも紹介していますが、白色のアイテムで揃えるケーブルを視界から消すという点を意識しています。

「E8」のカラーと天板の色を白色に揃えているので、他のガジェットとの統一感が出ているので気に入っています!

モニターアームを設置した画像

モニターアームを使用していますが、純正の天板の強度的にも問題なく使用できています。

ケーブルトレーの画像

電動昇降デスクを使用する際は、ケーブルトレーを合わせて使用することをオススメします!なぜなら床に電源タップを置いた状態でデスクの高さを変えると、ケーブルに引っ張られて物が落下する危険があるからです。

ケーブルがまとまっていると、視覚的にもスッキリするので、この点は引き続き最適な方法を模索していこうと思います。

マグネット付きフックの画像

個人的にもう一つオススメなのが、100円ショップで売っているような、マグネット式のフックです。

フックにイヤホンをぶら下げている画像

「E8」の脚は鉄製なのでマグネットがくっつくので、充電ケーブルや小物を引っ掛けることができます。安価に実践できるので、もしよかったら参考にしてみてください。

まとめ

E8を設置した部屋の写真

以上が、FlexiSpotの電動昇降スタンディングデスク「E8」の製品概要と、実際の使用感の紹介です。

人気のメーカーだけあって、機能性・デザイン性の高い非常に優れた製品です。

天板の付け替えもできるので、デスク周りや部屋の環境が変わっても、長く使い続けることができるのも嬉しいポイントになります。

テレワーク・在宅学習など、長時間デスクで作業する方なら、身体や気持ちのリフレッシュに活用できると思います。

良いところ
気になるところ
  • 高さ調整がスムーズで音も小さい
  • 多機能タッチパネルの操作性が高い
  • タッチパネル横のUSB端子が便利
  • 好きな天板と組み合わせて使える
  • デザインと安全性を両立したフォルム
  • タッチパネルの誤操作に注意
  • 重量が重い

電動昇降デスクが気になっている方は、ぜひチェックしてみはいかがでしょうか?

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる