【実機レビュー】Shokz OpenRun Pro | 骨伝導イヤホンの常識を覆す音質と長持ちバッテリーが魅力

kaz
どうもkazlogのkaz(@kaz_fukumaru)です。

今回紹介するのは、「OpenRun Proオープンラン・プロ)」というワイヤレスの骨伝導イヤホンです。

骨伝導イヤホンのパイオニアともいえるAfterShokz(アフターショックス)社が、
ブランド名をShokz(ショックス)に変更して最初にリリースする製品になっています。

ロゴ変更のイメージ画像
画像はクラウドファンディングページより引用

骨伝導イヤホンは耳を塞がずに音楽・音声を聞くことができるのが特徴です。この仕様による主なメリットは下記の通りです。

周囲の音と音楽を同時に聴くことができる
・耳を塞がないので疲れにくい/外耳炎を予防できる

OpenRun Proオープンラン・プロ)」はこれらの骨伝導イヤホンのメリットに加えて、
最大10時間使用可能IP55防塵防水ノイズキャンセリングマイク搭載などの機能を備えています。

運動・作業中にBGM的に音楽を聴いたり、
テレワークで長時間イヤホンを装着する必要がある際に役立つ製品となっています。

本記事ではShokz社より製品サンプルをご提供いただきました。

目次

Shokz  OpenRun Proはこんなイヤホン

それでは「OpenRun Pro」の紹介をしていきましょう!

スペックについて

OpenRun Proの画像

製品のスペックと仕様について「OpenRun Pro」の前モデルとも言える「Aeropex」との比較は以下の表の通りとなります。

OpenRun Proの画像Aeropexの画像
体積Aeropexより20%小型化
重量29g26g
防塵防水性能IP55IP67
バッテリー140mAh145mAh
使用時間最大10時間最大8時間
待機時間最大10日間(240時間)最大10日間(240時間)
充電時間約1時間約2時間
クイックチャージ5分の急速充電で最大1.5時間使用可能なし
オーディオ第9世代技術
Shokz TurboPitch™
第8世代技術
PremiumPitch™ 2.0+
マイクノイズキャンセリング・マイクノイズキャンセリング・マイク
Bluetooth5.15.0
ワイヤレス距離10m10m
アプリ対応Shokz アプリ(iOS/Android)非対応
画像はクラウドファンディングページより引用

「OpenRun Pro」は「Aeropex」と比較して、サイズが20%小型化しています。
重量も29gということでコンパクトかつ軽量な仕上がりとなっています。

本体はIP55相当の防塵防水性能を持っているので、運動中の汗や小雨程度なら気にせずに使用することができます。

OpenRun Proの防水防滴イメージ画像
画像はクラウドファンディングページより引用

バッテリー・充電性能も非常に高い基準を満たしていています。

最大10時間の使用が可能なので、丸一日の使用にも耐えられる仕様になっています。
また、高速充電にも対応しておりフル充電までにかかる時間は約1時間とかなり短くなっています。

5分の充電で最大1.5時間の使用が可能とのことなので、外出・ミーティング前に充電のし忘れに気づいても少し充電しておけば乗り切れそうです!

充電中の写真

「OpenRun Pro」には、Shokz 第9世代技術「Shokz TurboPitch™」が搭載されています。
なので、低音をよりハッキリと楽しむことができます。

また、デュアルノイズ・キャンセリングマイクを搭載しているので、クリアな音質で音を届けることが可能です。
テレワークのミーティングの際にも十分活用できます。

デュアルノイズ・キャンセリングマイクのイメージ画像
画像はクラウドファンディングページより引用

再生機器との接続にはBluetooth5.1が採用されています。最新規格なので接続の安定感も心配ないです。

また、Shokz史上初のアプリ対応製品となっており、マルチポイント接続イコライザの設定を行うことができます。

OpenRun Proのスペック紹介画像
画像はクラウドファンディングページより引用

以上のようにOpenRun Pro」は、Shokzのフラッグシップモデルに相応しい高性能な製品となっています。

外観の紹介

まずはパッケージから確認していきましょう!
ビジュアルはスポーティーな印象を受けるデザインになっています。

OpenRun Proの箱の写真

箱を開けてみるとキャリングケースと保証書、そして公式アプリの案内が入っています。

OpenRun Proの付属品の一覧写真

キャリングケースは、硬めの素材が使われているのでイヤホン本体をしっかり保護してくれそうです。
サイズはイヤホン本体に合わせたコンパクトなつくりですが、ポケットにしまうには大きいなという印象です。

OpenRun Proのケースの写真

ファスナーを開いて中身を確認していきます。

中には「OpenRun Pro」の本体と、専用の充電ケーブルが収納されています。
通常のイヤホンと異なりイヤーピースが不要なので、最小限の構成となっています。

OpenRun Proのケースを開けた写真

OpenRun Pro」本体を見ていきましょう。

形状としてはネックバンド型のイヤホンになるので、左右のイヤホン部分がネックバンドで繋がっています。

OpenRun Pro本体の写真

上から見るとこんな形になっています。

OpenRun Proを上から撮影した写真

装着する際はイヤホン部分を耳の上部に引っ掛けるかたちになります。

左右の耳と首の3点で支えるような構造なので、通常のイヤホンよりも装着時の安定感が高く感じました。

OpenRun Proを装着している写真

現在開催中のクラウドファンディングでは、本体のカラーをブラック・ブルーの2色から選ぶことができます。

画像はクラウドファンディングページより引用

OpenRun Pro」は左右のイヤホン部分に搭載された物理ボタンで操作が可能です。

左耳側には、再生・停止・曲送りなどの操作に使うマルチファンクションボタンが設置されています。

OpenRun Proの再生・停止ボタンの写真

右耳側には音量操作ボタンがあります。音量を上げるための+(プラス)のボタンは電源のオン・オフとBluetooth接続のペアリング操作なども兼ねています。

また、イヤホン本体の充電用ポートもこちらに設置されています。

OpenRun Proの音量コントロールボタンの写真

「OpenRun Pro」の充電には付属の専用ケーブルが必要となります。

OpenRun Proの充電ケーブルの写真

本体側の充電端子が独自規格になっているので、 USB-CケーブルやMicro-USBケーブルでの充電は対応していません。

OpenRun Proの充電ケーブルの端子の写真

充電ケーブルの端子と、イヤホン本体の充電ポートを近づけると磁力でくっつくようになっています。

OpenRun Proの充電ポートの写真

充電中はイヤホンの右耳側のLEDライトが赤く点灯します。

OpenRun Proを充電している写真

Shokz  OpenRun Proを実際に使ってみた

ここからは「OpenRun Pro」の使用方法と実際の使用感について紹介していきます。実際に使用して感じたオススメの利用シーンについても触れておくので参考になったら幸いです。

ペアリング・アプリ対応について

まず初めに「OpenRun Pro」をBluetooth接続する際のペアリング方法について説明します。

ペアリングの際には音量を上げるための+(プラス)のボタンを5秒ほど押し続けます。

bluetooth接続の説明画像

5秒程度ボタンを押し続けると、イヤホンの右耳側の部分のLEDライトが青と赤色に交互に光り始めます。

あとは接続したい機器側のBluetooth接続設定画面から、表示された「OpenRun Pro by Shokz」をタップすれば接続完了です。

「OpenRun Pro」はShokz史上初となるスマートフォンアプリでの操作に対応しています。

スマートフォンアプリのイメージ画像
画像はクラウドファンディングページより引用

2台の端末との同時接続を実現するマルチポイントペアリングや、イコライザの設定などを行うことができます。

また、アプリからのユーザー登録による保証期間の延長や、ファームウェアアップデートによる機能の向上など長期的な使用をサポートしてくれます。

「OpenRun Pro」を最大限に活用するために、ぜひアプリとの併用をオススメします。

※2022年2月の記事公開段階で日本ではまだアプリの配信が行われていません。リリースされましたら実際の使用感など追って紹介させていただきます。

使用感と音質について

次に使用感と音質の部分について紹介していきます。

OpenRun Proを使っている写真

使用感について

個人的にはかなり使い勝手が良い製品だと感じています。

まず、装着して驚いたのが「OpenRun Pro」本体の軽さです。約29gということもあり長時間装着しても重さによるストレスを感じることがありませんでした。

マスクやメガネを着けた状態での装着感も検証してみたのですが、いずれも快適に使用することができました。

装着する順番としては


マスク

「OpenRun Pro」

メガネ


の順番で装着するのが一番快適だと感じました。

「OpenRun Pro」をメガネとマスクを着けた状態で使用している写真

操作面についても再生機器を取り出さなくても、
イヤホン本体のボタンで操作できるのが嬉しいポイントになります。

ランニング中などスマホを取り出して操作するのが面倒なシーンで重宝します。
ボタン自体も大きくて押しやすいので、とても使いやすいです。

音量操作ボタンの写真

音質について

イヤホンには欠かせない音質の部分についても触れていきます。
個人的な好みが発生する領域ですが、僕なりの視点で感想をまとめていこうと思います。

OpenRun Proで音楽を再生している写真

骨伝導イヤホン自体のイメージとして”音質はそこまでよくないのでは?”と思う方もいるかもしれませんが、「OpenRun Pro」はそのイメージを覆す満足度でした。

まず音の聞こえ方としては耳の近くにスピーカーがあって、そこから音が広がっていくような感覚です。本当にイヤホンから音が出てるのかな?と思うくらいに自然な聴こえ方でした。

iPhone13 miniとOpenRun Proを並べた写真

特に印象的だったのが低音の響き方です。他の骨伝導イヤホンと比べてしっかりと低音が鳴っている印象をうけました。

イヤホンのこめかみと接する部分が振動することで、低音の音圧を力強く感じました。

重低音が使われるEDMの楽曲を試しに視聴してみましたが、骨伝導イヤホンでここまで低音を楽しめることに驚き、高音域についても低音に埋もれることなく、しっかりと開放感のある響き方をしています。

「OpenRun Pro」で音楽を視聴している写真

オススメの利用シーン

iPhone13miniと「OpenRun Pro」の写真

実際に「OpenRun Pro」を使用して感じた、オススメの利用シーンについても紹介していきます。

ランニングなどの運動中の使用

「OpenRun Pro」とランニングシューズの写真

パッケージデザインにもあるように、運動時の使用は相性抜群です。

特に屋外でのランニングの際は車両の走行音や周辺の環境音を拾えるので、安全に配慮しながら音楽を楽しむことができます。

ネックバンド式なので装着時の安定感もあります。
試しに頭を激しく振ったり、装着した状態でダッシュしてみましたが「OpenRun Pro」が落下することはありませんでした。

テレワークでの使用

「OpenRun Pro」とPC周辺機器の写真

個人的に一番恩恵を感じているのがテレワークでの使用です。

オンライン会議に参加するために、一日中イヤホンを着けっぱなしにていることが多いので「OpenRun Pro」を使用することで下記のようなメリットがあります。

・長時間装着しても耳が痛くならない
・バッテリーが10時間持つので充電切れの心配がない
・ノイズキャンセリングマイクでクリアな音声を届けられる

上記の点についてはテレワークを行う上で本当に助かっています。

特に装着感の部分は、もう通常のイヤホンに戻れないくらいに満足しています。

家事中での使用

コーヒーグッズと「OpenRun Pro」の写真

家事中の音楽・動画の視聴にも「OpenRun Pro」はオススメです。

子供の声だったり、宅配便のインターホンの音を拾えるので周辺の状況を把握しながらコンテンツを楽しむことができます

Shokz  OpenRun Proの良いところ

「OpenRun Pro」を実際に使用して良かった点についてまとめていきます。

「OpenRun Pro」を手に持った写真

快適な装着感と操作性

上記の繰り返しになりますが、装着感の高さと操作性の高さは本製品の大きな魅力です。

本体の重量も軽く、装着時の安定感もあるので長時間の使用でも耳への負担やストレスなく使用することができます。

バッテリー・充電性能が高い

最大10時間の連続使用が可能なので、テレワークなどの長時間の使用でも充電が持つのは大きな利点です。

また、急速充電対応に対応しているので、ミーティング前や外出の前に充電を忘れていたことに気づいても、短時間で充電が完了するので安心感があります。

Shokz  OpenRun Proの気になるところ

「OpenRun Pro」を実際に使用して気になった点についても紹介します

充電ケーブルの写真

充電ケーブルが独自規格

「OpenRun Pro」の気になる点を挙げるとしたら、充電ケーブルが独自規格な点です。

外出先などで他のガジェットと使えるような、一般的なUSBケーブルで充電ができたら良かったなと思います。

ですが、良いところで触れたように「OpenRun Pro」自体のバッテリーと充電性能が高いので、一度使用する前に充電しておけば10時間近く使用することができます。

なので充電のタイミングを慣習化できていれば、人によっては気にならないポイントかもしれません。

Shokz  OpenRun Pro レビューまとめ

「OpenRun Pro」の写真

以上が、Shokz  OpenRun Proの製品概要と使用感のまとめになります。

Shokz社の技術と骨伝導イヤホンの特性を最大限に活かすことで、運動時だけでなくテレワークでの使用など、幅広いシーンで活用できる製品になっています。

少しでも気になった方は、ぜひ現在開催中のクラウドファンディングをチェックしてもらえると嬉しいです。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる