ミニマルなのに収納力が抜群のお財布「PRESSo L」をご紹介

kaz
こんにちは!
kazlogのカズ(@kaz_fukumaru)です。

キャッシュレスの推進により、小さいお財布がトレンドになりつつある昨今。

僕自身もこれまでに、様々な財布を購入してきた。

今回は、以前ご紹介したミニマルな財布「PRESSo」から派生した「PRESSo L」をご紹介していこう。

「PRESSo L」ってどんなお財布?

「PRESSo L」の箱入り写真

以前記事でもご紹介し、僕も活用している株式会社dripとプレリーギンザのコラボしたミニマル財布「PRESSo」。

キャッシュレスの最前線、ミニマルな財布「PRESSo」を持ち歩こう。

2019年8月18日

そこに、ブロガー、Youtuberとして活躍されているトバログさんが製品の監修に携わり生まれたのが「PRESSo L」だ。

この製品のポイントとしてトバログさんは、下記の3点をあげている。

オススメポイント

このポイントに合わせて、「PRESSo L」の機能性を順番にご紹介していこう。

ミニマルな外観と、それ合わせたカラー展開

ミニマルな財布という「PRESSo」のコンセプトをしっかりと受け継いでおり、サイズはコンパクトに仕上がっている。

「PRESSo」と並べてみても、そこまで大きさを感じない。

「PRESSo」と「PRESSo L」のサイズ比較

「PRESSo L」は、L字ファスナー財布のカテゴリに入るのだが、ここまで小さい製品はそこまで多くはないだろう。

カラーについても、自分の持ち物と合わせやすいようにカラーが4種類用意されている。

「PRESSo」シリーズのおなじみのカラー、ブラックとアメリカーノ。

さらに、皮の経年変化を楽しめるナチュラル、上品な雰囲気のグレーが用意されている。

革製品の醍醐味として、色や質感、これらの変化を楽しめるのは嬉しい。

今回僕が購入したのは、普段持ち歩く革製品とのバランスを考慮してアメリカーノを選んだ。

「PRESSo」と「PRESSo L」の色比較
アメリカーノは僕の持っている「PRESSo」と「CHIP」のモカよりも、一段階ほど暗い色合いだ。

コンパクトでありながら、小銭や領収証に対応した収納力

「PRESSo L」の大きな特徴としてあげられるのは、豊富な収納力だ。

「PRESSo L」単体で、カード、お札、小銭、領収書などをしっかりと収納することが可能だ。

「PRESSo L」の内側の写真

カード用のポケットが4箇所。

小銭をしまうのに最適なポケットが1箇所。

これらのポケットの隙間に、お札や領収書類をしまうかたちになっている。

見た目のミニマルさの割に、これだけの収納力を秘めているのだからよくできた製品だと感じる。

これまでの「PRESSo」だと、現金支払い時に発生する、小銭のお釣りの収納が苦手なため、別途「CHIP」という小銭入れを合わせて持ち歩いていた。

それに対して「PRESSo L」であれば釣り銭にも十分対応できるポケットが付いているので、利便性が高い。

海外の旅行先やカードの使え得ない定食屋など、現金決済の機会がまだまだ生活に多いのであれば、「PRESSo L」はミニマル財布の中でも有力な候補になるだろう。

表面にカードホルダーを設けることで支払いがスムーズ

「PRESSo L」のもう一つの特徴が、本体裏側に用意されたカードホルダーだ。

ここには、カードを1枚挟んで収納することが可能だ。

「PRESSo L」のカードホルダーの写真

L字ファスナー財布ということもあり、財布内にアクセスするのには、ファスナーの開け閉めが必要となる。

この動作をショートカットするために、一番利用頻度の高いカードを、このホルダーに収納することで、支払いをスムーズに行うことが可能だ。

僕は、このホルダーに一番利用頻度の高い「Kyash」という、特殊なクレジットカードを収納している。

「Kyash」自体の説明は今回は省略するが、携帯のアプリ上から簡単に利用停止手続きができるため、紛失に対するリスク回避もできるのでオススメだ。

基本的にカードでの会計は、この一枚を利用することがほとんどなので、カードが取り出しやすいのは嬉しい限りだ。

「PRESSo L」を実際に使ってみた感想

「PRESSo L」の写真

ここからは実際に「PRESSo L」を実際に使って気づいた使用感をまとめていこう。

よかった点

・収納力が高いので、「PRESSo L」だけ持って出かけても不安がない

これまでは「PRESSo」だけ持ってお出かけする際は、お釣りの収納に不安があった。

なので、常に「CHIP」を一緒に持ち歩いていた。

「PRESSo L」であれば、単体の収納力が高いので、これ一個持っていれば何の不安もない。

・カードホルダーは、お会計の手間を大幅に減らしてくれる

前述したが、メインのカードをここに収納しているが、ほとんどのお会計はこのカードで済ませている。

「PRESSo L」からカードを取り出す写真

その際に、指を添えて軽くスライドさせるだけで、カードを取り出すことができるので非常に便利だ。

・色と質感に高級感があり、所有欲を満たしてくれる

「PRESSo」シリーズは熟成レザーという革を使っており、「PRESSo L」も同じ素材が使われている。

この革の特徴として、高級感のある見た目と、薄いながらにしっかりとした生地感があげられる。

使い続けることによって、経年変化で人それぞれの仕上がりを迎えることだろう。

気になる点

・ファスナーの向きは逆orファスナーがもう少し硬いとよかった

「PRESSo L」の写真

正直実際に使う中で不満点はほとんどなかったが、唯一気になったのがファスナーの仕様だ。

僕は、「PRESSo L」をズボンのポケットにいれて持ち運んでいる。

その際に、カードホルダーにいれたカードを上むきにしてしまうことで、落下による紛失のリスクを減らしている。

すると、自然とファスナーがポケットの底側の向きでしまわれることになる。

すると、ポケットから取り出す際にファスナーが摩擦により少し開いてしまうことが何回かあった。

できれば、ファスナーの向きは逆にするか、もう少し硬い仕様だとよかったかもしれない。

まとめ

以上が、「PRESSo L」を実際に購入して使ってみてのレビューだ。

まとめると下記の通りだ。

「PRESSo L」は、これまでの「PRESSo」シリーズのミニマルさを踏襲しながら、単体でお札、カード、小銭、領収書を格納できる収納力を兼ね備えている。

基本的には、支払いをキャッシュレスを済ますことがほとんどだが、現金での支払もまだまだ機会があるのなら、この製品一つ持っておけば不安なく運用が可能だ。

「PRESSo」の収納力では少し足りないという方には、こちらの製品をチョイスしてみてはいかがだろうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です