GOOJODOQ GD13 スタイラスペン レビュー | 3000円台で購入可能!iPad側面のワイヤレス充電に対応したタッチペン

当ページのリンクには一部広告が含まれています。
GOOJODOQ GD13 スタイラスペン

kaz
どうもkazlogのkaz(@kaz_fukumaru)です。

今回は、iPadと相性抜群でワイヤレス充電にも対応したスタイラスペン「GOOJODOQ GD13」を紹介していきます!

GOOJODOQ GD13 スタイラスペン

ちなみにApple Pencilの価格が19,000円台なのに対して、「GOOJODOQ GD13」は3,000円台で購入することができます

なるべく安価に、Apple Pencilと近い機能を備えたスタイラスペンを探している方にオススメの製品です!!

本記事ではGOOJODOQよりサンプル製品をご提供いただきました。

目次

GOOJODOQ GD13 スタイラスペン レビュー

それでは、GOOJODOQ GD13 スタイラスペンの紹介を行なっていきましょう!

製品の概要とスペック

「GOOJODOQ GD13」は、ペーパーレスと便利なライフスタイルを推進するガジェット周辺機器ブランド「GOOJODOQ(グージョドック)」の販売するスタイラスペンです。

GOOJODOQ GD13 スタイラスペン
製品ページより引用

第二世代のApple Pencilと同様に、iPadの側面にマグネットで貼り付き、そのままワイヤレス充電を行なうことができるのが大きな特長となっています!

GOOJODOQ GD13 スタイラスペン
製品ページより引用

パームリジェクション機能や、傾き感知機能など、スタイラスペンに求められる機能もしっかりと搭載しているので、軽いイラスト制作やiPadでのメモ書きに適しています。

GOOJODOQ GD13 スタイラスペン
製品ページより引用

カラーはホワイトとブラックの2色から選ぶことができます。純正のApple Pencilにはブラックが用意されていないので、黒色好きの方にとって大きな製品メリットになりそうです。
※本記事ではホワイトモデルを扱います。

GOOJODOQ GD13 スタイラスペン
製品ページより引用

ペン先が純正品と互換性があるため、他のサードパーティー製のペン先も使えるなど選択肢も多くなっています。


外観の紹介

続いて、GOOJODOQ GD13 スタイラスペンの外観を見ていきましょう!

GOOJODOQ GD13 スタイラスペン

外箱はブランドロゴのみのシンプルなパッケージデザインになっています。

GOOJODOQ GD13 スタイラスペン

内容物は以下の通りです。

・GOOJODOQ GD13 スタイラスペン本体
・ペンケース
・交換用のペン先
・取扱説明書

GOOJODOQ GD13 スタイラスペン

製品全体のカラーはホワイトで、ペン先のみ少しグレーがかった色になっています。

GOOJODOQ GD13 スタイラスペン

形状は、iPadに張り付く面のみ平たくなっています。この面を下にしておけば机の上から転がらないので便利です。

GOOJODOQ GD13 スタイラスペン


ブランドのロゴがこの面にデザインされています。

GOOJODOQ GD13 スタイラスペン

ペンの上部には電源ボタンと、バッテリーの残量などを知らせてくれるLEDインジケーターが搭載されています。

GOOJODOQ GD13 スタイラスペン

手に持った質感も良好で、しっかりと手に馴染みます。


接続方法

GOOJODOQ GD13 スタイラスペン

GOOJODOQ GD13 スタイラスペンとiPadを接続する際は、Bluetooth接続を使用します。
すでに、Apple PencilをiPadとペアリングしている方は、まず初めに接続を解除しておきます。

GOOJODOQ GD13 スタイラスペン

次に、GOOJODOQ GD13 上部の電源ボタンを3秒ほど押して起動させます。

GOOJODOQ GD13 スタイラスペン

初めて接続する方は、iPadの設定画面からBluetooth接続のメニューを開きます。すると画面に、「GD13 pencil」が表示されるのでタップして接続を行ないます。

GOOJODOQ GD13 スタイラスペン

ペアリングをタップすれば接続は完了です。
次回以降は、GOOJODOQ GD13の電源を入れれば自動的にiPadと接続が行なわれます。

GOOJODOQ GD13 スタイラスペン の良いところ

GOOJODOQ GD13 スタイラスペンを、実際に使用して感じた良いところを紹介していきます!

iPad側面に貼り付けてワイヤレス充電ができる

GOOJODOQ GD13 スタイラスペン

GOOJODOQ GD13の一番の魅力は、なんといっても第二世代のApple Pencilと同様に、iPadの側面に貼り付けてワイヤレス充電ができる点です!

GOOJODOQ GD13 スタイラスペン

ケーブルを使わずにiPadに取り付けるだけで充電ができるので、非常に便利ですし充電のし忘れを防止することもできます。この機能に対応した、サードパーティー製のスタイラスペンは多くないので、大きな製品メリットになっています!

Apple Pencilに近い機能と精度で使用できる

GOOJODOQ GD13 スタイラスペン

GOOJODOQ GD13は、Apple Pencilに近い使い方をすることができます。

GOOJODOQ GD13 スタイラスペン

パームリジェクション機能を搭載しているので、文字やイラストを書く際にiPadの画面に手の平が触れていても誤作動が起こることはありません。

GOOJODOQ GD13 スタイラスペン

傾き感知にも対応しているので、ペン先の角度で文字の太さの調整を行なうこともできます。

手書き文字をデジタル化するスクリブル機能についても問題なく文字を認識し使用することができています。

ロック画面をタップしてのクイックメモの起動なども問題なく行えます。

GOOJODOQ GD13 スタイラスペン

また、iPadのホーム画面のウィジェットから、現在のバッテリー残量を%表示で確認することができます。

3,000円台で購入できるコスパの優秀さ

GOOJODOQ GD13 スタイラスペン

GOOJODOQ GD13の使用感や機能面を確かめていく中で、改めて3,000円台で購入できるというコストパフォーマンスの高さに驚かされました!

GOOJODOQ GD13 スタイラスペン

iPadの周辺機器を揃えようとすると、なかなか費用がかかってしまうので、この価格で実用性の高いスタイラスペンが手に入るのは本当にありがたいと思います!

GOOJODOQ GD13 スタイラスペン の気になるところ

GOOJODOQ GD13 スタイラスペンを、実際に使用して感じた気になる点についても触れておきましょう。

筆圧感知には非対応

GOOJODOQ GD13 スタイラスペン

GOOJODOQ GD13 スタイラスペンは、Apple Pencilの代用となるような非常に満足度の高い製品だと感じています。

唯一、気になる点を挙げるとすれば筆圧感知に非対応な点になります。ただ、一般的なメモ書きなどの用途であれば、筆圧感知機能はなくても良いという方も多いのではないでしょうか。

まとめ

GOOJODOQ GD13 スタイラスペン

以上がGOOJODOQ GD13スタイラスペンの製品概要と使用感の紹介です!

手の出しやすい価格帯でApple Pencilに近い機能が使えて、iPad側面でのワイヤレス充電にも対応するなど非常に満足度の高い製品だと感じています。

良いところ
気になるところ
  • マグネット式でのワイヤレス充電に対応
  • 3,000円台で購入できる
  • Apple Pencilに近い使い心地
  • ブラックモデルを選べる
  • 筆圧感知は非対応

なるべく安価にApple Pencilの代わりになるスタイラスペンを探している方に、ぜひオススメしたい製品です!

GOOJODOQ GD13 スタイラスペン

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次