CameraSX370 レビュー | AIによる自動追跡とジェスチャー操作が魅力の次世代ウェブカメラ

当ページのリンクには一部広告が含まれています。
CameraSX370

kaz
どうもkazlogのkaz(@kaz_fukumaru)です。

今回は、ビデオ会議オンライン授業にオススメのウェブカメラ「CameraSX370」を紹介します!

CameraSX370

なんと!AIが顔を認識し自動で被写体を追跡する
次世代のウェブカメラです!!

現在、GREEN FUNDINGにてクラウドファンディングを実施中なので、高性能なウェブカメラを探している方はぜひチェックしてみてください!

クラウドファンディング実施期間:8月19日から9月30日まで

本記事では日和商事より製品サンプルをご提供いただきました。

目次

AI自動追跡カメラ CameraSX370 レビュー

それでは、CameraSX370」の製品紹介を行なっていきましょう!

製品概要

「CameraSX370」は、日和商事株式会社が
開発・販売を行なっている製品です。

CameraSX370
製品ページより引用

一番の特徴は、AIが被写体を追跡するAIオート追跡機能を搭載している点です!

製品ページより引用

被写体の移動に合わせてカメラが稼働することで、被写体を逃さずに捉え続けてくれます。また、6軸ブレ防止ジャイロを内蔵していて、非常に滑らかに映像を映すことができます。

2K解像度400万画素での撮影に対応しているので画質も良好です。

製品ページより引用

一般的なウェブカメラと異なり、手の動きを使用したジェスチャーで操作を行なうことができます!

ノイズキャンセリング機能を備えたマイクも内蔵しているので、この製品一つでビデオ会議のクオリティを高めてくれます!

CameraSX370
製品ページより引用

「CameraSX370」は、Mac・Windowsの両方で使用することができます。USB接続したらソフトウェアやアプリ不要ですぐに使い始められます!

CameraSX370
製品ページより引用

対応しているアプリもビデオ会議ツールだけでなく、ライブ配信サービスにも対応しているので、ビジネスとプライベートの両方で活躍が期待できるウェブカメラです!

外観の紹介

「CameraSX370」の外観の紹介を行なっていきます!

CameraSX370

箱から取り出した中身は下記の通りです。

CameraSX370本体
・接続ケーブル(USB-C – USB-A)

※今回はサンプルで製品を提供いただいているので、実際の製品と付属品などが異なる可能性があります。

CameraSX370

ウェブカメラは、丸みを帯びた形状のイメージがあったので、カメラ部分が四角いデザインが新鮮で印象的です!

CameraSX370

「CameraSX370」はカメラ本体と可動式のスタンドが一体型になっています。

CameraSX370

スタンドを展開し、モニターの上部に引っ掛けて使用します。

CameraSX370

スタンドの底面には三脚穴が設置されているので、三脚に載せて使用することも可能です。
※本製品に三脚は付属しません

CameraSX370

設置場所の自由度が増すので、使い方に合わせて使用することができます!


接続と使用方法

「CameraSX370」を使用するための接続を行なっていきましょう!

CameraSX370

スタンドの側面にUSB-C端子が搭載されていて、

CameraSX370

付属のケーブルを使ってPCと接続します。

CameraSX370

「CameraSX370」のスタンドでモニターを挟み込むようにして固定します。

CameraSX370

以上で接続は完了です。ソフトウェア・アプリのダウンロードは不要でPCと接続するだけで、すぐに使用することができます。


続いて、ビデオ会議ツールZoomを使って、接続の確認を行なってみます。

CameraSX370

ビデオの設定画面を開くと「UVC+UAC_MICROPHONE Composite Gadget」という名称が表示されるので、こちらを選択することで「CameraSX370」でビデオ会議をスタートすることができます!

CameraSX370

ちなみに僕が使用しているPCはM1チップ搭載のMacBook Airですが、特に接続トラブルもなく使用することができました。

CameraSX370の良いところ

「CameraSX370」の実際の使用感について紹介を行なっていきます!

AIによる自動追跡の精度が高い

「CameraSX370」の一番の魅力であるAIオート追跡機能はかなり精度が高いです!

CameraSX370

AI追跡オートがONになっている状態では、カメラのインジケーターが緑色に点灯します。

被写体が動くと、「CameraSX370」のカメラ部分が稼働します。

ビデオ会議ツールZoomを使って、実際に使用しましたが被写体をしっかりと追跡し、自動で構図を調整してくれるので快適に使用することができました!

ジェスチャーでの操作が快適

ハンドジェスチャーの操作についても、しっかりと認識してくれて非常に快適に使用することができました!

「CameraSX370」に向かってOKの手の形を向けることで、AIオート追跡がONになり、手をあげるようなジェスチャーでOFFにすることができます。上を指さすようなジェスチャーで、ズーム・ズームアウトの操作が可能です。

CameraSX370
製品ページより引用

カメラ本体やPC画面での操作が不要で、ジェスチャーを使って簡単に操作ができるのは嬉しいポイントです。

高画質とクリアなサウンド

CameraSX370

「CameraSX370」は、ウェブカメラとしての基本性能も非常に優秀です。

2K解像度、400万画素の画質はビジネス用途はもちろんのこと、ライブ配信・ダンスなど動きのある運動の撮影や、家族の記録といったプライベートでの使用にも十分な性能を発揮してくれます。

マイクも内蔵されているので、この製品ひとつで、ビデオ通話・収録のクオリティを高めることができます!

CameraSX370の気になるところ

「CameraSX370」を実際に使用して感じた気になる点についても紹介をしていきます。

スタンドに返しが付いていたらよかった

「CameraSX370」のAIオート追跡やジェスチャーでの操作は非常に満足度が高いです。唯一気になったのはスタンドの構造です。

CameraSX370

「CameraSX370」のスタンドには、モニターを挟み込む際に落下を防ぐための返しが付いていません。

実際に使用する中でカメラが落下するようなことはありませんでしたが、ケーブルを抜き差しする際などの安定感も変わってくるのかなと感じました。

まとめ

CameraSX370

以上が、AI自動追跡カメラ 「CameraSX370」の製品概要と実際の使用感の紹介となります。

被写体を自動追跡し、ジェスチャーで操作できる点は実際に使用してみると想像以上に快適でした。

良いところ
気になるところ
  • 自動追跡の精度が高い
  • ジェスチャーでの操作が快適
  • 高画質とクリアなサウンド
  • Windows・Macに対応
  • ソフトウェア不要で使える
  • スタンドに返しがついていない

ウェブカメラとしての基本性能も優秀なので、これからビデオ会議オンライン授業用のウェブカメラを探しているなら、ぜひチェックしてみてはいかがでしょうか。

現在、GREEN FUNDINGにてクラウドファンディングを実施中です。早期に購入することで通常価格よりもお得に購入することができます。

また、kazlogを見て「CameraSX370」を購入した方に、特別に三脚をプレゼントさせていただきます。
サポート購入後に、「起案者にお問い合わせ」の項目からキャンペーンコードの「kazlog」と記載してメッセージを送信してください。
※商品の発送前までにご連絡いただく必要がございます。

クラウドファンディング実施期間:8月19日から9月30日まで

CameraSX370

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次