ガジェットブロガーが2021年買ってよかったガジェット・モノ15選

どうもkazlogのkaz(@kaz_fukumaru)です。

早いもので2021年も過ぎ去ろうとしています。振り返ると今までで一番ガジェットブログに注力をした一年だった思います。そんな2021年に購入したガジェットやモノの中から、特にお気に入りのアイテムをご紹介します。

先日のデスクツアー記事と重複する部分もありますが最後まで読んでもらえると嬉しいです。

それではいってみましょう!

目次

ガジェットブロガーが2021年に買ってよかったガジェットを紹介

まずはガジェット商品から紹介していきます。

Apple AirPods3

AirPods 3の写真

Appleから2021年10月26日に発売されたAirPodsシリーズの最新モデル。インナーイヤー型なので長時間の使用でも耳が疲れにくくテレワークでのミーティング続きの際に大活躍しています。

AirPods3の写真

デザインと機能が前モデルから大幅に向上しており
本当に使いやすく満足度の高い製品でした。気楽に装着して使えるのが個人的なオススメポイントです。

あわせて読みたい
AirPods 3 (第3世代) を実機レビュー 、AirPods Proや第2世代との違いや機能の比較をまとめました Appleが2021年10月26日に発売したワイヤレスイヤホン、「AirPods 3(第3世代)」を購入したので、実際に使用したレビューを記事にまとめました。 この記事ではAirPods ProやAirPods 2 (第二世代)との機能や、音質の違いを比較しながら紹介をしています。
created by Rinker
Apple(アップル)
¥22,838 (2022/06/24 11:33:22時点 Amazon調べ-詳細)

SONY WH-1000XM4 サイレントホワイト

WH-1000XM4 サイレントホワイトの写真

SONYのノイズキャンセリングヘッドホン「WH-1000XM4」の限定カラーモデル。

先述のAirPods3がライトな音楽鑑賞や動画鑑賞に使うのに対して、ガッツリ集中する際に愛用しているのがこちらの製品になっています。一番の魅力はノイズキャンセリング性能の高さで、周辺音や環境音をしっかりシャットアウトしてくれます。

ブログの執筆中に音を流さずに、ノイズキャンセリングだけONにして耳栓代わりに使用することもあります。イヤーパッドもフカフカで長時間装着しても耳が痛くならないのが嬉しいポイントです。限定カラーのサイレントホワイトは上品な白色で高級感があります。

WH-1000XM4の写真

通常モデルよりも値段は高くなりますが、白色のガジェットが好きな人にぜひオススメしたい製品です。

CIO SMARTCOBY Pro

SMARTCOBY Proの写真

2021年はCIOの製品に数多く触れてきました。その中でも特に気に入ったのが、このモバイルバッテリーです。

小型かつ軽量な製品なのですがなんとノートパソコンの高速充電に対応したコンパクトさと高出力を兼ね備えた非常に便利な製品です。

実際に出先でMacBook Airを充電してみましたが充電スピードの早さに驚きました。出先でノートパソコンを使用する機会があるなら、いざという時のために持っておきたい製品です。

LED表示でバッテリーの残量が確認できる点も未来のガジェット感があり使っていてワクワクします。

SMARTCOBY ProのLEDランプの写真

個人的には新しく発売されたホワイトモデルが、SMARTCOBY Proのデザインとサイズ感にマッチしていて好みなのでオススメです。

Amazon Echo Show 5 (第2世代)

Amazon Echo Show 5 (第2世代)の写真

Amazonのディスプレイ付きスマートスピーカーの最新モデルです。

スマートスピーカーは以前にも持っていましたが、ディスプレイ付きという点に惹かれて購入しました。音声での操作がスマートスピーカーの利点かもしれないですが、なんだかんだディスプレイが付いている方が用途の幅も広く汎用性も高いなと感じました。

本体のデザインが他のデスク周りのガジェットとマッチしており、置いてあるだけで所有欲を満たしてくれるので卓上の置き時計としてもオススメできる製品です。

デスク環境の写真

もちろん他のスマートスピーカー同様にスマート家電の音声操作にも対応しているので実用性も高いです。

Amazon Kindle フロントライト搭載モデル

Amazon Kindle フロントライト搭載 Wi-Fi 8GBの写真

Kindle自体は様々なモデルが発売されていますが、今回選出したのは最安のモデルの製品。

過去に最上位モデルの「Kindle oasis」も購入したこともありましたが、正直なところ操作性を含めて本製品で十分だと感じています。読書という用途に一点特化したデバイスなので無理して上位モデルを買うよりは、最安モデルを購入し差額を書籍購入費にあててもいいのかなと思います。

Amazonセール中はかなり値下がりするので、タイミングを見ての購入がおススメです。

Amazon Fire TV Stick

fire stick tvの外装の写真

立て続けのAmazonデバイスの選出になりますが「Fire TV Stick」は本当に買ってよかったし、ほぼ毎日使用している特におススメの製品です。

我が家ではリビングのTVに接続して、映画やYoutubeを流して楽しんでいます。動画や映像作品はパソコンやプロジェクターで見ればいいじゃんと思っていたんですが、リビングのテレビでボタンひとつ押すだけですぐに起動して視聴を開始できる利便性の高さは段違いでした。

家族皆で映像コンテンツを楽しむという点に関しては、やはりテレビはいまだに優れたデバイスです。
その楽しみ方を大きく拡張してくれる本製品は本当に便利で素晴らしい製品だと感じました。

あわせて読みたい
Fire TV Stickと新型リモコン(第三世代)セットの購入レビュー! 最近、居間のテレビの前にいる時間が増えたので、テレビでAmazonプライムやNETFLIXが見れたら快適だなと思っていた。 そんな時にタイミングよく、Fire TV Stickと新型リ...

任天堂 Switch(有機ELモデル)

Nintendo Switch(有機ELモデル)の写真

Switchの有機EL液晶を搭載した最新モデル。

画面サイズが大きくなり、映像もより鮮やかに映し出されるようになりました。元々SwitchをTVに繋いで遊ぶ使い方をしていなかったので、本体の液晶のアップデートの恩恵を最大限に受けることができると思い購入しました。

これからSwitchを購入する方や、今Switch Liteを持っているけど画面が少し小さいなと感じている方におススメです。

Nintendo Switch本体(有機ELモデル) Joy-Con(L) / (R) ホワイト[HEG-S-KAAAA]

PFU HHKB Professional HYBRID Type-S

PFU HHKB Professional HYBRID Type-Sの写真

ここ最近で購入した人も多いのではないかと思う、「Happy Hacking Keyboard」の最上位モデル。
そう!高級キーボードです!

これまでの記事でも度々紹介しており、2021年のブログ執筆環境のアップデートで多大なる影響を与えてくれたのが本製品。一度使い始めたら病みつきになる打鍵感とキー配置が魅力となっています。

タイピングを必要とする仕事や趣味のある人は、ぜひチェックしてみてほしいです。

あわせて読みたい
文字を打つのが楽しくなる魔法の打鍵感 HHKB Professional HYBRID Type-S 【テレワークにオススメのアイ... 今回から、テレワーク(在宅ワーク)での働きやすさ・生産性を向上させるためのガジェットやアイテムを連載形式で紹介していこうと思う。 まず最初にとりあげるのが、PCで...
created by Rinker
HHKB
¥36,850 (2022/06/24 08:46:38時点 Amazon調べ-詳細)

Apple iPhone 13 mini

iPhone 13 miniの写真

2021年発売のiPhoneの最新モデル。

iPhone12 miniを持っているので、今年のiPhoneは見送りでいいかなと思っていましたが、結局我慢できずに購入しました。新たに搭載された動画撮影モード「シネマティック」は、手軽に背景をボカシた状態で映像に残すことができるので重宝しています。

バッテリー容量も前モデルより向上していたりと、細かい部分でも乗り換えの恩恵を受けています。

CASEFINITE THE FROST AIR

THE FROST AIRの写真

iPhone 13 miniと合わせて購入した、本体保護のためのケース。

とにかく薄いのが特徴で、装着しても握り心地が変わらないし、iPhoneのデザインを残しながら保護をすることができるのが魅力です。

THE FROST AIRを装着したiPhone 13 miniの写真

色味も気に入っているので、iPhone 13 miniのケースはずっとこの製品でいいかなと思っています。

THE FROST AIRを装着したiPhone13 miniの写真

Apple MacBook Air M1チップ搭載モデル

M1チップ搭載のMacBook Airの写真

2020年に発売された、AppleのM1チップを搭載したMacBook Air。

今回の記事はランキング形式ではないのですが、2021年に買って一番よかったガジェットだなと思っています。

十万円ちょっとでこれだけ性能の高いノートPCが手に入るとは予想していませんでした。よりパワフルなチップを搭載したMacBook Proも発売されましたが
自分の用途ではM1チップ搭載のMacBook Airで十分で満足しています。

価格差を考えると改めてこの製品のコスパの良さを再認識しました。

ガジェットブロガーが2021年に買ってよかったモノを紹介

お気に入りのモノを並べた写真

ここからはガジェット以外で2021年に購入してよかったアイテムを紹介していきます。

drip FLOORPACK

FLOORPACKの写真

ガジェット界隈でファンも多いdrip社のクラウドファンディングから生まれたリュックで、収納スペースを上下の2つに分けて使用できるのが特徴の製品です。

FLOORPACKの収納スペースの写真

僕は持ち歩くガジェットが多いので、普通のリュックだと底の方にしまった物を取り出しづらいのが悩みでしたが、この2階建て構造のおかげで改善することができました。

デザインもミニマルでビジネス・プライベートのどちらにも使えるのが嬉しい点です。

RETØUCH(レタッチ) リップクリーム

RETØUCHリップクリームの写真

美容系Youtuberの宮永えいとさんがプロデュースする、メンズコスメブランド「RETØUCH」から発売されているリップクリーム。

容器のデザインがUSBやベイプのようなガジェット感のあるデザインになっており最高にカッコいいです。

RETØUCHリップクリームの写真

べたつかずにしっかりと唇に潤いを与えてくれるので実用性も非常に良好です。

RETØUCHリップクリームの写真

Maison Margiela(メゾン・マルジェラ)レザーカードホルダー

Maison Margielaのカードホルダーの写真

厳密には誕生日プレゼントでもらった物なのですが、図々しくも欲しい欲しいと言い続けて購入してもらったので選出。

最近の買い物では、カード決済がメインのためこのカードケースひとつで完結しています。マルジェラの実質のアイコンとも言える4つのステッチが映えるデザインで、持っていて楽しくなるアイテムです。

au povo 2.0

povoのsimの写真

ガジェット商品なのか別アイテムなのか微妙なラインですが、こちらで紹介します。

「povo 2.0」はauの提供するスマートフォン向けの格安プランです。自分の使い方に合わせて通信量や使い放題などのオプションを、1日~30日単位で「トッピング」という形式で自由に選択することができます。これまでのキャリアにはなかった通信プランになっています。

テレワーク主体の働き方に変わってからは、出先でスマホを使う機会が減っているので、外で使いたタイミングで通信量を購入するなど柔軟性の高い使い方ができるので重宝しています。

まとめ

以上が2021年に購入してよかったガジェットとモノの紹介になります。

2021年はテレワークでの働き方への移行や、ブログ活動の本格化など自分の作業環境のアップデートを中心にアイテムを購入してきました。2022年も引き続き作業環境を更新しながらも、使っていて楽しい・ワクワクすると思えるようなガジェットやモノも積極的に購入していきたいなと思います。

それでは2022年もよろしくお願いします!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる