【レビュー】おうち時間を快適にしてくれるプロジェクター【popIn Aladdin 2】 で自宅を映画館やライブ会場に!

kaz
こんにちは!
kazlogのカズ(@kaz_fukumaru)です。

二度目の緊急事態宣言により、多くの人が自宅で過ごす時間が増えている。

このような状況下で、自宅でいかに快適かつ楽しい時間を過ごせるのか。

そういった情報を求めている方向けに、おうち時間を快適に過ごすアイテムを特集して紹介していこうと思う。

今回はシーリングライト一体型のプロジェクター「popIn Aladdin 2」を、popIn株式会社より使用機会をいただけたので紹介していこう。

目次【本記事の内容】

一台三役の高性能プロジェクター【popIn Aladdin 2】をご紹介

「popIn Aladdin 2」の写真

popIn Aladdin(ポップインアラジン)は、照明器具であるシーリングライトに、プロジェクターとスピーカーを内蔵させた製品だ。

本体にAndroid OSを内蔵しているのでネット環境さえあれば、PCなどを接続しなくても単体で様々な動画配信サービスやコンテンツを利用することが可能だ。

YouTube、Netflix、Hulu、Amazonプライム・ビデオ、ABEMAなどの主要サービスが網羅されている。

「popIn Aladdin 2」のアプリ一覧

部屋の天井に設置されているシーリングライトと置き換える形で、工事不要で簡単に設置することができる。

たったこれだけの作業で、大画面の映像を投影することが可能だ。

天井に設置して利用するので、本体が部屋の邪魔になったり、配線によるストレスを感じることもない。

本体には老舗の音響機器メーカー、Harman Kardon製の8Wのスピーカーが2つ内蔵されている。

別途スピーカーを用意せずとも高品質な音でコンテンツを利用可能だ。

「popIn Aladdin 2」を購入すれば、手軽にホームシアター環境を構築することができると言えるだろう。

自宅にいる時間が増える中で、動画コンテンツを快適な視聴環境で楽しむことができるアイテムなので、

少しでも気になる方や、現在、自宅用のプロジェタクター導入を検討している方はぜひチェックしてみてほしい。

【popIn Aladdin 2】を実際に使ってみる

ここからは【popIn Aladdin 2】を、実際に設置から使用するまでの流れを、順を追って紹介していこう。

設置から使用まで

設置とセッティング

【popIn Aladdin 2】の外箱

早速、届いた「popIn Aladdin 2」を開封していこう。

本体、シーリングライトカバー、引っ掛けシーリングと接続するアダプター、リモコン。

【popIn Aladdin 2】の同梱物

上記が主な同梱物だ。

設置のために特別な工具や、ネジなどは不要なので最小限の構成になっている。

まずは部屋に備え付けてある、シーリングライトを取り外し、付属の引っ掛けシーリング用の接続アダプタを設置しよう。

引っ掛けシーリングの写真

設置作業自体は1人でも可能だが、できれば2名以上で作業する方が安全だ。

設置を終えて照明の電源をONにすると「popIn Aladdin 2」本体の照明が点灯した。

「popIn Aladdin 2」本体の写真

手元のリモコンでプロジェクターのスイッチをONにすると、映像の投影が開始される。

投影位置の調整やピントの調整など、画面の指示に従うことで簡単に設定が可能だ。

「popIn Aladdin 2」の設定画面

一応、僕の部屋の設置環境を紹介しておこう。

「popIn Aladdin 2」の設置箇所から投影する壁までの距離は約130cmとなっている。

サービスサイトの仕様の記載を確認すると、僕の部屋では理論上は70インチでの投影が可能だ。

壁との距離による、投影可能なインチ数は下記の表を参考にしてほしい。

「popIn Aladdin 2」投影サイズ表

一点気になっていたのが、僕の部屋は床から約180cmのところにハンガーレールが設置されている点だ。

投影角度次第では、映像がこのハンガーレールに乗っかってしまい、快適な視聴ができないのではないかと思っていた。

実際に投影してみると、レンズの角度を一番下まで下げることで、ハンガーレールよりも下に映像を投影することができた。

「popIn Aladdin 2」による投影画面

「popIn Aladdin 2」は、初代や「popIn Aladdin SE」よりも、レンズの可動域が広いので、その部屋に合わせた投影位置の融通がききやすい。

設置の簡単さと、部屋のレイアウトに合わせて柔軟に対応できる取り回しの良さは「popIn Aladdin 2」ならではの魅力と言えるだろう。

実際に動画を視聴

まず手始めにYouTubeを閲覧してみる。

デフォルトの状態では、YouTubeのアプリがダウンロードされていないので、独自のアプリストアから入手する。

「popIn Aladdin 2」のアプリストアの画面

このあたりの操作感はスマホのアプリをダウンロードする感覚と大差ないので、簡単に必要なアプリを増やしていくことが可能だ。

早速、YouTubeで最近ハマっている「THE FIRST TAKE」を視聴してみた。

アーティストの一発どりで収録された、映像と歌声が収録されたこの動画シリーズなら、

「popIn Aladdin 2」の性能を試すには丁度よい。

ワクワクしながら再生すると、さっそく映像が映し出される。

投影された映像は申し分ない解像度と発色だ。

「popIn Aladdin 2」で投影した様子

初代と比較して画質がHDからフルHDにアップデートされているので、

画素数が増えた分だけ画質が向上しているようだ。

動画の演奏が始まると、天井からピアノの旋律が降ってくる、少し遅れてアーティストの声が重なる。

スピーカーが2つに増えたことで、音の厚みが増しているのか迫力と臨場感も申し分ない。

ライブにもしばらく行けてない中で、イヤホンではなく直接耳から迫力のある音が聞けるのは嬉しい限りだ。

「popIn Aladdin 2」でAmazonプライムを投影した様子

他にもAmazonプライム・ビデオで映画を視聴してみたが、動きの早い映像も違和感なく投影されており、

全体を通して没入感も高く楽しむことができた。

試しにお昼の時間帯で部屋に日光の差し込むシーンでも、「popIn Aladdin 2」の投影を試してみた。

お昼に「popIn Aladdin 2」で投影した様子

夜間の暗い部屋での利用と比べれば、鮮明さは失われるが視聴に耐えられる映りだ。

カーテンを締め切れば夜間に近しい投影も可能だが、

家族や同居人とスペースを共有している場合は我慢する必要がありそうだ。

以上が実際に映像コンテンツを利用してみての感想だ。

音と映像ともに期待以上のクオリティなので満足度はかなり高いと言えるだろう。

機能やコンテンツをチェック

ここからは「popIn Aladdin 2」の機能やコンテンツを紹介していく。

まずは「popIn Aladdin 2」のLEDシーリングライトとしての機能についてだ。

カタログスペック上では、1万通りの調光と調色が可能とのことだ。

自分の好みや部屋の雰囲気に合わせて、明かりの色味をカスタマイズし、4つまで登録することが可能だ。

「popIn Aladdin 2」の調光画面

シーリングライトとしての機能も十分と言えるだろう。

次に外部スピーカーモードについて紹介しよう。

手持ちのiPhoneなどのスマホをBluetooth接続することで、「popIn Aladdin 2」をスピーカーとして利用することが可能だ。

お気に入りのプレイリストなどを大音量かつ迫力のある環境で視聴できるので、部屋にスピーカーがないならぜひ活用してみるといいだろう。
投影画面を消して音楽だけを再生するといった使い方もできる。

また、「popIn Aladdin 2」自体にワイヤレスイヤホンをBluetooth接続することも可能だ。

手持ちのAirPods Proもしっかりと認識された。

「popIn Aladdin 2」のbluetooth接続画面

そのまま接続することで、普通に動画視聴時も音声が聞けたので、夜遅い時間などはAirPods Proを使って動画を楽しむことができた。

「popIn Aladdin 2」では、様々なオリジナルのコンテンツを利用できるので、いくつか紹介しておこう。

壁にお洒落な時計盤を表示することのできる「壁時計」は、読書や作業時などに投影しておくことで時間の流れをわかりやすく把握できる。

「popIn Aladdin 2」の壁時計の使用写真

「美風景」というアプリでは、美しい景観を投影することで部屋にいながら、お出かけ気分を味わうことが可能だ。

「popIn Aladdin 2」の美風景の使用写真
壁に投影された窓の向こうに美しい風景が見える様は、家にいながら旅行をしているような気分を与えてくれる。

「popIn Aladdin 2」の美風景の使用写真
美しい湖畔の風景など、その時の気分に合わせて投影することが可能だ。

「popIn Aladdin 2」には電源オフタイマー機能がついている。(この機能が搭載されていないプロジェクターが多いのでかなり嬉しい!)

なので、寝る前にタイマーをセットしておけば、最後の力を振り絞って電源を切らずとも、リラックスした状態で眠りにつくことができる。

「popIn Aladdin 2」電源オフタイマーの使用写真

他にも、ヨガレッスンを受けられるアプリや、子供向けのアプリなど、たくさんのオリジナルコンテンツが搭載されているので幅広い活用が期待できそうだ。

また、今回は検証環境が用意できなかったが、TVチューナーを用意することで地上波テレビや録画番組の視聴も可能なので、大画面で自分の好きな番組を楽しむこともできる。

【popIn Aladdin 2】のレビュー

さてここからは、実際に「popIn Aladdin 2」を1週間利用してみて感じたメリットや、気をつけるべき点について触れていこう。

【popIn Aladdin 2】は設置のハードルの低さと、部屋のレイアウトに左右されない柔軟性が魅力

「popIn Aladdin 2」の利点として一番のポイントは、部屋のレイアウトを気にせずに手軽に設置できる点だ。

引掛シーリングさえあれば、工事や工具不要で簡単に設置ができる。

投影面についても、部屋に白い壁が1面でもあれば動画を映して楽しむことが可能だ。

天井に設置するので、家具のレイアウト変更は不要。

また、電源ケーブルが存在しないので配線を気にしなくても良い。

子供やペットと暮らしている場合でも、ケーブルに引っ掛かりプロジェクターが落下・転倒する心配がないのはありがたい。

【popIn Aladdin 2】単体で簡易的なホームシアター環境を構築できる

「popIn Aladdin 2」は、フルHDで投影可能なプロジェクターと、Harman Kardon製のスピーカーを内蔵している。

単体で簡易的なホームシアター環境を構築することが可能だ。

プロジェクターとスピーカーを別々で購入すると、ある程度の費用と設置スペースの確保が必要となる。

これらの工数を考慮すると、個人的には「popIn Aladdin 2」1つで完結できるのは大きな利点と言えるだろう。

【popIn Aladdin 2】はオリジナルコンテンツで暮らしを豊かにしてくれる

「popIn Aladdin 2」には先述の通り、美しい風景や安らぎの映像を投影できる「美風景」や、

運動不足を解消するための「おうちヨガ」に、子供の寝かしつけに最適な「おやすみ絵本」・「世界の絵本」など、

暮らしを豊かにしてくれる独自のアプリケーションが充実している。

「popIn Aladdin」を購入した人それぞれの暮らしを考えているからこそのサポートと言えるだろう。

【popIn Aladdin 2】は2021年4月現在ではゲーム機などの有線接続での活用はできない

「popIn Aladdin 2」は有線接続での出力には対応していない。

なので、ゲーム機やPCなどを直接有線接続して、ゲーム画面の投影やBDの再生をしようと考えている人は注意が必要だ。

有線での接続と利用機会が多いならば、他のプロジェクターを検討する必要があるかもしれない。

ここに関しては、製品の良し悪しというよりは使い方の話なので、自分の用途に合わせて検討してほしい。

僕自身は有線接続での利用を想定していなかったので、特に不便とは思わなかった。

※以下、2021年4月追記

【popIn Aladdin 2】がワイヤレスでのHDMI接続に対応予定!

【popIn Aladdin 2】はHDMI経由での機器接続ができないとご紹介していた。

しかし、2021年の夏にワイヤレスでのHDMI出力に対応する、「Aladdin Wireless HDMI (仮)」の発売が発表された。

この機器を使用することで、PCやゲーム機を接続して大画面で楽しむことができるようになる。

これは「popIn Aladdin」をすでに保有している人はもちろんのこと、これから購入を検討している人にも嬉しい知らせだ。

詳細は「popIn Aladdin」の公式サイトにて随時更新されていくので、続報に期待しよう。

https://aladdin.popin.cc/pages/aladdin-wireless-hdmi

まとめ

以上が、「popIn Aladdin 2」を利用して感じたこととなる。

まとめると、「popIn Aladdin 2」は、シーリングライトに高性能なプロジェクターとスピーカーを内蔵した製品だ。

シーリングライトなので、部屋に引掛シーリングさえあれば、工事や工具が不要で設置可能だ。

本体にAndroid OSを内蔵しており、ネット環境さえあれえばオリジナルのコンテンツはもちろん、

YouTube、Netflix、Hulu、Amazonプライム・ビデオ、ABEMAなどの主要動画配信サービスを、

外部機器の接続をせずに楽しむことができる。

天井設置式のプロジェクターなので、ケーブルの配線による煩わしさを無くし、設置のために部屋のレイアウトを変えたりする必要もない。

設置場所と壁までの距離次第で大画面でコンテンツの視聴が可能だ。

このように「popIn Aladdin 2」があれば、ホームシアター環境を簡単に構築することができる。

今すぐの有線接続での利用を重視しないのであれば、非常に満足度の高い製品と言える。

「Aladdin Wireless HDMI (仮)」の発売でその点も間も無く問題ではなくなるだろう。

エントリーモデルの「popIn Aladdin SE」もあるが、個人的には少し頑張って差額を払ってでも「popIn Aladdin 2」を購入した方が満足度が高いと思う。

最後に「popIn Aladdin 2」をオススメしたい個人的な理由について述べよう。

実際に使用している中で、操作や機能面の利便性の高さはもちろんのことだが、

オリジナルコンテンツの内容など、この製品を使うユーザーの暮らしを、作り手がしっかりと考えて提供していると感じた。

ただプロジェクターを作って提供するのではなく、そのプロジェクターが暮らしをいかに快適に楽しくするかを追求する。

そんな「popIn Aladdin」というプロダクトに込められた思いが伝わってくる。

今回の紹介で「popIn Aladdin 2」が気になったら、ぜひ購入を検討してみてはいかがだろうか。

まずは実際の使用感を確かめたい人は、レンタルサービスでの取り扱いがあるので合わせて検討してみてもよいだろう。

ECサイトでの購入はこちら↓

popIn Aladdin 2 ポップインアラジン 公式ストア限定 2年間保証付き 天井 照明 プロジェクター フルHD 家庭用 テレビ 映画 ホームシアター スピーカー
popIn Aladdin