完全栄養食「ベースブレッド(BASE BREAD)」で健康と減量の両立を目指す

自粛期間中に外食を控えていたこともあり、普段あまり自炊をしない僕のような人間は栄養を考慮した料理を作れずにかなり不健康な食生活になっていた。

そこで健康面の見直しをする上で、栄養面の改善を実施するために購入したのが、いわゆる完全栄養食の「ベースブレッド(BASE BREAD)」だ。

一定量の栄養を安定して摂取することができるうえに、ベースブレッドを文字通りベースとした食生活を送るので献立で悩む機会が減ったりと、良い点がいくつかあったので紹介していく。

こういった健康に関するモノについては、そこまで専門的な話などはせずに、あくまで僕の主観を元にで話すので、参考程度にとどめてもらえればと思う。

完全栄養食の「ベースブレッド(BASE BREAD)」で食生活を変える

ベースブレッドの箱の写真

まず、ベースブレッドがどんなものなのか簡単に説明しておこう。

ベースフードという会社が販売する、いわゆる完全栄養食というくくりの食品になる。

サイトの情報によると、1日に必要な栄養の1/3を摂取することが可能だ。

なので、忙しくて朝食を用意する暇がないときに、とりあえずこいつを食べることで、最低限の栄養を取得することが可能だ。

注目すべき点としては、このベースブレッドは高たんぱく質でありながら糖質は低い、そのうえ食物繊維が豊富なので、ダイエットや筋トレのおともに最適といえる。

僕自身も最近は、筋トレや原料を意識しているので、サラダチキン以外のダイエット食の選択肢としてこのベースブレッドに目をつけた。

1食を置き換えるだけでも、なかなか効果的かもしれない。

「ベースブレッド(BASE BREAD)」を実際に食べてみよう

ベースブレッドのパッケージの写真

ベースブレッドのパッケージを早速開けていく。

見た目は普通のパンとさほど変わらないのだが、理想的な栄養バランスを含んでいる。

ベースブレッドの写真

食べ方としては、事前に電子レンジで20秒ほど加熱することが推奨されている。

ベースブレッドは通常のパンと比較するとやや硬いような気がするので、加熱することでふんわりとした食感になるので食べ方に合わせて調整してほしい。

ベースブレッドの断面の写真

味についてだが、今回購入したのはプレーン味なので、特別味付けがされているわけではない。

試しに何もつけずに食べてみるが、普通のパンとなんら変わらない味がする。

逆に言えば、完全栄養食だからといって味に癖がないので、そのまま普段口にしているパンと置き換えることができる。

ジャムを塗ったり、スープにひたしたりと、普通の食べ方でなんら問題ない。

また、1食あたり2個を食べるといいいとの記載もあるが、僕としては朝食ならば1食あたり1個で十分お腹がいっぱいになるので1個で済ませている。

味や満腹感については、普通にパンを食べているのと同じ感覚なので、特に意識せずに栄養面の摂取量をコントロールできそうだ。

僕のオススメの「ベースブレッド(BASE BREAD)」の食べ方をいくつかご紹介

ベースブレッド自体は普通のパンと同じように、他の食材や調味料を組み合わせることで様々な食べ方ができる。

毎日同じ味付けだとあきてしまうので、僕自身もベースブレッドを美味しくたべるために、色々と食べ方を変えていたのでいくつか紹介しておく。

あくまで完全な男飯、本当に栄養バランスや健康面にいいかと言うと自己満なので参考程度に!

空腹を満たしたいときにオススメ「チーズサラダチキンバーガー」

チーズサラダチキンバーガーの写真

ベースブレッドに、サラダチキンとスライスチーズを挟んだバーガーだ。

作り方は、まずサラダチキンにスライスチーズを乗っけてレンジでチンする。

加熱が終わったら、後はベースブレッドに挟むだけなので非常に簡単だ。

いつもよりお腹が減っている時や、ジャンキーなハンバーガを食べたい衝動にかられた際に、このレシピで代用することでカロリーと栄養をコントロールしている。

豆腐ハンバーグでつくる「ベースブレッドバーガー」

ベースブレッドバーガーの写真

おいおいまたハンバーガーかよ、と思う方もいるだろう。

何を隠そう、過去に美味しいハンバーガー屋さんの紹介記事を書くくらい好きなのだからしょうがない。

こちらも作り方は簡単で、豆腐ハンバーグとレタスを挟むだけだ。

見た目とは裏腹に、ヘルシーな一品に仕上がっていると個人的に思っている。

安定のジャムやコンポータジュへのディップ

ベースブレッドとスープとジャムの写真

ベースブレッドは本当に味の癖がないので、普通のパンと同様の食べ方で十分美味しくいただける。

朝に調理の時間がないときは、サクッとジャムやスープ類と一緒に食べることで、最低限の栄養は確保しよう。


ざっとこんな感じだ、普段料理をあまりしないのでレパートリーが少ないのは重々承知なので、今後はレシピを研究していこうと思う。

もし、オススメの食べ方があればTwitterやブログコメントで教えていただけらたら嬉しい。

まとめ

以上がベースブレッドを実際に食べてみてのレビューになっている。

改めて、ベースブレッドのメリットを下記にまとめる。

・タンパク質と食物繊維が含まれており、糖質は控えめなのでダイエットのお供に最適

・味に癖がないので普通のパンと同じ食べ方で置き換えが可能

・忙しい時にもサクッと食べれるので、生活が乱れていても栄養バランスを整えやすい

今後も食べ続けることで、僕自身の体にどのような変化が出てくるのかは、別途経過をみて紹介できればと思う。

ベースブレッドにはチョコ味のモノもあったり、姉妹商品にパスタがあったりと、いくつか選択肢があるので自分に合ったモノを選べるのも嬉しい。

プレーン味

チョコ味

ベースパスタ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です