ノートPC用スタンド【MOFT】で画面の角度を調整して快適に作業しよう

kaz
こんにちは!
kazlogのカズ(@kaz_fukumaru)です。

職場でも家でも、ノートPCと向き合う時間の多い僕は、定期的にマッサージに通わないといけないくらい、首と肩のコリがひどくなってしまう。

なるべく首に負担がかからないように、PCの画面をできる限り高くするための、スタンドを購入したりしている。

過去にも、KickflipというノートPC用スタンドを購入して使っていた。

MacBookとの相性抜群!Kickflipで場所を選ばず快適な作業環境を!

2019年1月27日

最近同じくノートPCなどで利用できるスタンド「MOFT」が話題になっていたので、実際に購入し、使用感やKickflipとの比較などをご紹介していこうと思う。

目次【本記事の内容】

薄くて軽い、PCスタンド「MOFT」の外観

MOFTの外観の写真

さっそく、外観を紹介していこう。

平面に畳まれた状態では厚さが約3mmなので、PCスタンドだとは分からないほど薄さだ。

素材も一見フェルト生地のように見えるが、特殊なポリウレタンとファイバーグラスで出来ており、
触ってみると見た目以上にしっかりとしている。

公式の記載では、本製品の対荷重は8kgとなっている。

この製品以外にも、同じ用途のスタンドは複数存在するが、この軽さと薄さで8kgの対荷重を持ったPCスタンドは他に聞いたことがない。

また、カラーのバリエーションもいくつか用意されている。
今回、僕はMacBook Proの色に合わせて、スペースグレーを購入した。

PCの裏側に装着するものなので、そこまでは気にならないだろうが、今使っているPCの色と統一感を持たせることができる。

「MOFT」の装着方法

実際に「MOFT」をノートPCに装着してみよう。

「MOFT」の裏側(PCに接着する側の面)が、吸着素地になっているので、ノートPC本体にそのまま貼り付くようになっている。

MOFTの背面の写真

僕のMacBook Proは、プラスチック製の保護ケースが装着されているのだが、その上からでも貼り付けることができるので、ケースを使っている人でも利用することができる。

※ケースの素材によっては、吸着しない場合もあるので注意

装着する際は、ノートPCの中心線に合わせて貼り付けていく。

中心からズレてしまうと、画面の水平が取れなかったり、グラつきの原因になるので、なるべく中心線を意識して貼り付けよう。

「MOFT」の吸着面は、繰り返し貼り付けが可能なので慌てず確実に作業しよう。

「MOFT」の使い方の説明

貼り付けが完了したらセットアップは完了。

あとは、「MOFT」を展開するだけでスタンドとしての利用が可能だ。

今回はわかりやすいように、一旦ノートPCをひっくり返して説明していこう。

「MOFT」の下部を引っ張り上げると自然と、全体が織り込まれてノートPCを支えるような形になる。

MOFTのスタンドを展開する写真 MOFTのスタンドを展開する写真

慣れてしまえば、ノールックでこの一連の流れをスムーズに行うことができる。

引っ張り上げた部分の底面が滑り防止素材になっているので、自然と突っ張って自立するようになっている。

「MOFT」の特徴として、傾斜角度を15度、25度の2段階に調整が可能だ。

こちらが15度。
MOFTのスタンドを15度使っている写真

こちらが25度。
MOFTのスタンドを25度使っている写真

比べてみるとだいぶ差があるので、自分の姿勢や机の高さに合わせて、ディスプレイを見やすい角度に調整して使うことができる。

MOFTの中心部には折り目が入っており、この折り目を調整することで角度を調整できる仕組みだ。

MOFTの中心部の写真

「MOFT」の使用感について

実際に「MOFT」を2週間ほど使用しているのだが、結論から言うと大満足している。

他のPCスタンドと比較して、耐久性やグラつきなどが不安だったのだが、想像以上に素材がしっかりとしている。

勝手に「MOFT」が閉じてしまうようなことも、今のところ一度もない。

タイピングについても、グラつきを気にせずにビシビシと打ち込める。

角度がついたことでタイピングのしやすさと、打鍵感が向上したように感じる。

また、角度が2段階に調整できるのが非常に便利だ。

自宅と職場で机の高さが違っても、「MOFT」の角度を調整することで対応ができている。

自然と姿勢もよくなり、これまでよりも肩や首にかかる負担が減っているように感じる。

ノートPCスタンドを使ったことがない人には、まず最初にこの「MOFT」をおススメしたい。

「MOFT」と「Kickflip」の比較

「MOFT」を購入する前に使っていた「Kickflip」と、個人的な観点で比較をしてみた。

MOFTを使っている写真

「MOFT」の方が良いなと感じる点

・薄くて軽いので、装着感が気にならない
何と言っても薄くて軽い点については、圧倒的な優位性がある。
PCカバーにしまう際にも、「MOFT」が干渉することがない。

・角度を2段階に調整できる
姿勢や状況に合わせて、柔軟に対応できるのが嬉しい。

・単体で15.6インチのノートPCにも対応している
「Kickflip」は、15インチ以上のノートPCについては、別サイズのものを購入する必要がある。
一方で、「MOFT」はこの商品単体で15.6インチのノートPCにも利用することができる。

Kickflipを使っている写真

「Kickflip」の方が良いなと感じる点

・スタンドの展開が楽
構造がシンプルなので、気を使わずともスタンドを展開できる点については、「Kickflip」に優位性を感じる。

安定感はやや優位
本体にガラス強化素材の蝶番が使われていることもあり、実際に使っている際の安心感はやや優位。

・排熱のためのエアスペーサーがある
ノートPC本体に熱がこもらないよう思慮されており、この点については「Kickflip」の方がよく出来ている。

以上が、両者それぞれの使用感の比較になっている。

勿論、人によってどちらを良いと感じるかはそれぞれなので、余裕があれば両方買って比較してみてもよいかもしれない。

「MOFT」のレビューまとめ

以上がノートPCスタンド「MOFT」に関するレビューと所感になっている。

要点をまとめると以下の通りだ。

ノートPCスタンド「MOFT」は、薄くて軽量なので、装着感も気にならない。

角度も2段階に調整することができるので、姿勢やデスク環境に合わせて使うことができる。

また、対荷重8kgで、15.6インチのノートPCにまで対応している。

タイピング時のグラつきもなく、打鍵感も良好だ。

以上が「MOFT」のレビューまとめになっている。

もし、ノートPCスタンドをお探しなら、ぜひオススメしたい1品だ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です