【レビュー記事】「CIO-G65W1C」PPS規格/PD対応で65W出力の超小型・軽量なUSB-C充電器

CIOから発売されている、超小型の高出力USB充電器、Lilnob 1C「CIO-G65W1C」

この製品はPPS規格/PD3.0対応の最大65W出力により、ノートパソコンやスマートフォンの高速充電が可能だ。

また、充電器本体は手のひらに収まる小型サイズかつ、重さも軽量で持ち運びに最適なUSB充電器になっている。

「CIO-G65W1C」 を手のひらに載せた写真
製品の特徴
・小型・軽量で持ち運びに最適
・最大65Wの出力で充電可能
・USB-C端子を搭載した機器と相性抜群

小型軽量で高出力のUSB充電器を探している方に、ぜひオススメしたい製品なので紹介をしていく。

製品提供:株式会社CIO

「CIO-G65W1C」はこんなUSB充電器

「CIO-G65W1C」を販売する株式会社CIOは、モバイルバッテリーやUSB充電器を中心に、革新的な周辺機器を提供している企業だ。

以前紹介した小型の高性能モバイルバッテリー「CIO-MB20W-10000」もそんな同社の製品だ。

【レビュー】「CIO-MB20W-10000」は手のひらに収まる大容量の高性能モバイルバッテリー

2021年7月14日

「CIO-G65W1C」についても値段と性能のバランスに優れた製品となっている。

「CIO-G65W1C」のスペックと仕様

「CIO-G65W1C」を上から撮影した写真

「CIO-G65W1C」の使用とスペックについて、下記にまとめたので紹介していく。

「CIO-G65W1C」の仕様
サイズ 約4×5×2.8cm
本体重量 約87g
出力 最大出力:65W
ポート数 USB-C×1
PPS規格 対応
PD規格 対応
カラー ホワイト、ブラック
価格 3,780円(税別)

「CIO-G65W1C」はサイズのコンパクトさが、一番の特徴と言えるだろう。

どれくらい小さいかをイメージできるように、クレジットカードと並べた写真を撮ってみた。

「CIO-G65W1C」とクレジットカードを並べた写真

この小ささで、65Wの出力で充電ができるだから驚きだ。

重量についても約87gと、100gを切っている。

コンパクトかつ軽量なので、携帯性も非常に高い。

ポートについては、USB-C端子が1つ搭載されている。

AppleのMacBookなど、ここ最近のノートPCやワイヤレスイヤホンなど、USB-C充電に対応したデバイスであれば幅広く利用が可能だ。

もし、iPhoneやAirPodsなどのライトニング端子を搭載した機器を充電するには、USB-C to ライトニングケーブルを用意することで充電できる。

「CIO-G65W1C」でiPhoneを充電する写真

純正品は安心感が違う、Apple USB-C – Lightningケーブルを購入

2020年1月3日

また、「CIO-G65W1C」は、PPS規格とPD3.0に対応している

「CIO-G65W1C」のスペック紹介画像

なので、手持ちの対応機器を効率的かつ、スピーディーに充電することが可能だ。

カラーについては、ホワイトとブラックの2色展開になっている。

「CIO-G65W1C」の色紹介の画像

自分の持っているガジェットと色を合わせて使用できるのが嬉しい。

価格については税別で3,780円になっている。

性能を考慮するとかなりお買い得な価格だと思う。

「CIO-G65W1C」の外観と付属品について

「CIO-G65W1C」の外観についても触れておこう。

手元にあるのがブラックなので、こちらをベースに紹介していく。

「CIO-G65W1C」の写真

色はやや光沢のある黒色となっている。

表側には銀地でCIOのロゴが印字されている。

高級感があり、持ち運ぶのがワクワクするデザインだ。

素材については、少しザラザラとしたマットな質感で、剛性の高さが感じられる。

付属品は、充電器本体意外には取扱説明書のみとなっている。

USB-Cケーブルが付属しないので注意が必要だ。

同社のモバイルバッテリーだと、ケーブルが付属する製品もあるので、こちらは少し残念だ。

なので本製品の性能をフルに発揮できるように、別途USB-Cケーブルを用意しておこう。

Apple純正の充電器との比較

「CIO-G65W1C」の購入を特にオススメしたいのは、AppleのMacBookをはじめとした、

USB-C充電に対応したノートPCを持っている人たちだ。

今回はMacBook Proを所有している人を例に、Apple純正充電器との比較を行なっていく。

MacBook Pro付属の61W充電器との性能比較は下記の通りだ。

「CIO-G65W1C」とApple純正充電器の性能比較画像

やはり一番のポイントはサイズと重量だ。

充電器を持ち運ぶのであれば、この差はかなり大きい。

純正の充電器がいつまでも小さくならないのが不思議だが、

ここはCIOの技術力を褒めるべきところだろう。

「CIO-G65W1C」のメリット

「CIO-G65W1C」を、実際に1ヶ月以上使って感じたメリットを紹介していく。

小型かつ軽量なので持ち運びに最適

「CIO-G65W1C」をガジェットポーチにしまう写真

繰り返しになるが「CIO-G65W1C」は小型かつ軽量なUSB充電器だ。

普段からPC用の充電器を持ち運ぶ人であれば、この恩恵はかなり大きいだろう。

僕も出かける際は、ガジェットポーチにこの製品を収納して持ち運んでいる。

PPS規格/PD対応で65Wの高出力

「CIO-G65W1C」とMacBookを並べた写真

先述の携帯性の高さに加えて、充電器としての基本性能の高さも大きなメリットだ。

PPS規格とPD3.0に対応しており、高速かつ無駄のない充電が可能。

手持ちのノートPCのスペックを最大限生かすためにも、この充電性能の高さは心強い。

65Wと出力も高いので、幅広いデバイスに対応している点も高評価ポイントになっている。

電源プラグが折り畳み可能

「CIO-G65W1C」のプラグを開閉する写真

折り畳み可能なプラグを搭載しているのも、大きな製品メリットだ。

どんなにコンパクトな充電器でも、プラグが畳めなければ結構かさばる。

ガジェットポーチにしまった際に、他の機器を傷つけてしまわなかも心配になる。

その点「CIO-G65W1C」は、しっかりとプラグを折り畳めるので安心だ。

折り畳み機構については程よい力加減が必要になっており、コンセントに刺した際にお辞儀するようにぶら下がることもない。

お買い得な値段設定

充電器の値段の高さについては、人によって価値観が変わる点ではあるが、

個人的に「CIO-G65W1C」は、かなりお買い得な製品だと感じている。

この製品よりもサイズが大きくて重い、純正の充電器が倍近い価格で売られているのを考えると、

性能面も加味すればコスパはかなり高い。

「CIO-G65W1C」の気になる点

「CIO-G65W1C」を購入する上で、気をつけるべき点もあるので触れておこう。

充電器の性能についての不満ではなく、相性の問題なので該当しない人には影響がない要素にはなっている。

一部相性の悪い機器が存在する

LenovoのノートPCなど、一部の機種ではPD充電が不安定だったり、対応していない場合がある。

自分の持っているノートパソコンが非対応かどうかについては、購入前に調べておくと良いだろう。

まとめ:USB-C充電対応のデバイスを持っているなら購入するべき製品

「CIO-G65W1C」の写真

「CIO-G65W1C」について、製品の使用や導入メリットなどを紹介してきたが、

結論としては、USB-Cで充電可能なデバイスを持っている人なら、ぜひ購入した方が良い製品だ。

65Wという高出力は、幅広いデバイスの充電をカバーしている。

「CIO-G65W1C」の充電に対応したデバイスの一覧写真

ノートPCやスマートフォン以外にも、ゲーム機やワイヤレスイヤホンなど、様々なガジェットの充電をこの製品1つで網羅できるからだ。

また、本体のサイズがコンパクトかつ軽量なので、持ち運ぶ際の携帯性も高い。

充電器=重くてデカイというイメージを取っ払う革新的な製品だ。