6th by ORIENTAL HOTEL (シクスバイオリエンタルホテル ) のバスクチーズケーキを食す!

先日、有楽町の 6th by ORIENTAL HOTEL (シクスバイオリエンタルホテル ) のランチメニューのハンバーガーを紹介した。

美味しいハンバーガーを食べに行こう!Vol.4 6th by ORIENTAL HOTEL (シクスバイオリエンタルホテル ) 有楽町

2020年3月4日

実は、この日に訪問した理由は、名物のバスクチーズケーキを食べるためだったのだ。

せっかくなので、こちらも記事で紹介をさせていただく。

6th by ORIENTAL HOTEL (シクスバイオリエンタルホテル )のご紹介

6th by ORIENTAL HOTELの内観の写真

前回と繰り返しの紹介となるが、「6th by ORIENTAL HOTEL(シクス バイ オリエンタルホテル)」は、パンケーキやバスクチーズケーキなど、スイーツ好きには有名なイタリアンレストランだ。

JR有楽町駅から徒歩2分圏内と、アクセスも非常に良好。

店名にホテルとの記載があるが、あくまで店名であり宿泊施設ではない。

しかしながら、お店の外観と内観はその名の通り、異国のホテルのような優雅な空間が広がっている。

名物のバスクチーズケーキについては、人気商品ということもあり、あまり遅くに来店すると品切れというケースもあるようだ。

休日は、バスクチーズケーキは勿論のこと、オシャレなランチメニューを目当ての人が多く集まるので、少し余裕をみて早めの来店をおススメする。

6th by ORIENTAL HOTEL (シクスバイオリエンタルホテル )の、バスクチーズケーキが絶品すぎた!

少々早めにお店に向かったこともあり、どうにかバスクチーズケーキを注文することができた。

しばらく店内の雰囲気を楽しんでいると、お目当の品が運ばれてきた。

バスクチーズケーキの写真

お皿にカットされたバスクチーズケーキが横たわっており、一緒に生クリームが添えられている。

裏側に隠れてしまっているが、真っ黒い焦げがバスクチーズケーキの特徴だ。

早速口に運んでみると、口に入れた瞬間に蕩けていき、口内にチーズケーキならではの酸味と甘さが広がっていく。

見た目はものすごく甘そうに見えるが、実際は大人っぽく、くどさを感じない控えめな甘さに感じた。

この甘さと、焦げのしょっぱさが程よく交わり、絶妙な味わいをもたらしてくれる。

あまりの美味しさに、写真を撮るのも忘れてすぐに食べ終えてしまった。

チーズケーキ好きな人は言わずもがなだが、だれにでもおススメできる一品と言えるだろう。

6th by ORIENTAL HOTEL (シクスバイオリエンタルホテル)のパンケーキも食べてみた

パンケーキの写真

せっかくお店に来たのだから、バスクチーズケーキだけで終わらせてしまうのは勿体ない。

(事前に食べたハンバーガーはノーカウント!)

そこで目をつけたのがパンケーキだ。

パンケーキは個人的にも大好きなスイーツの一つなので、ここぞとばかりに注文した。

また、しばらくしてパンケーキが運ばれてきた。

パンケーキの写真

思っていたよりもサイズが大きく2枚重ねなので、バスクチーズケーキと比べるとボリューミーだ。

自分のお皿に1枚を取り分ける。

ハニーとバターを伸ばしてから、自分の口に運ぶ。

柔らかい。。

とにかく柔らかい。

そして、シンプルながらしっかりとしたパンケーキの風味。

ここ最近食べたパンケーキの中でも、間違いなく一番美味しい。

変にトッピングを付けなくとも、パンケーキ自体の味がしっかりしているので十分楽しめる。

バスクチーズケーキに注目しがちだが、このパンケーキも間違いなく絶品だ。

6th by ORIENTAL HOTEL (シクスバイオリエンタルホテル)のスイーツの感想

今回、6th by ORIENTAL HOTEL (シクスバイオリエンタルホテル)では、バスクチーズケーキとパンケーキを食した。

どちらも、噂通りの美味しさで満足も高い。

バスクチーズケーキは、ボリューム自体は控えめなので、2人で行くなら1人1個ずつ注文する方がよいだろう。

合わせてパンケーキを一枚ずつ分けて食べるのが丁度よさそうだ。

前回の記事で紹介したように、ランチメニューも充実しているので合わせて楽しんでほしい。

今度はディナーの時間に足を運んでみたいと思っているので、その際はまた紹介することにしよう。

アクセス

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です