AirPods Proを購入するなら、AppleCare+ for ヘッドフォンも絶対に買った方がいい理由

kaz
こんにちは!
kazlogのカズ(@kaz_fukumaru)です。

2019年の10月末に突如発表された、AirPods Pro。

発売後から品薄が続いており、これから購入したり、製品の到着待ちの方も多いと思う。

そこで合わせてチェックしてほしいのが、AppleCare + for ヘッドフォンだ。

加入することで、様々な修理・交換サービスを利用できるようになる。

先に結論を言ってしまうと、間違いなく加入した方がいいだろう。

AirPods Proの購入時に、合わせてAppleCare + for ヘッドフォンの加入費用の3400円(税別)が払えるならば、間違いなく入るべきだ

損傷の保証や修理サービスだけであれば、注意すれば加入せずとも大丈夫だろうと僕も思うかもしれない。

大事なのは、AppleCare + for ヘッドフォンの最大のメリットはバッテリーを無料で交換できる点だ。

損傷については、取り扱いを注意すればある程度は防げる。

しかし、バッテリーの劣化については、AirPods Proを使い続ける以上は防ぐことができない

AirPods Proを長く使いたいと考えているならば、ぜひこの点を意識しつつチェックしてほしい。

AirPods Proと合わせて購入したいアイテムも紹介中↓

突然値下がりしたAirPods Proと合わせて購入したい、オススメのアイテムをご紹介

2021年5月1日
目次【本記事の内容】
created by Rinker
Apple(アップル)
¥29,036 (2021/07/29 19:43:06時点 Amazon調べ-詳細)

「AppleCare + for ヘッドフォン」とは?

AirPods Proの箱の写真

MacやiPadなどを購入したことがある人なら、購入時に「AppleCare +」を勧められたことがあるだろう。

過去にApple製品を買ったがことがなく、iPhoneも大手通信会社などのキャリアで購入している方は、ひょっとすると聞き馴染みのないサービス名かもしれない。

「AppleCare +」とは、Apple公式の有料の保証サービスだ。

Apple製品は基本的に、購入から1年以内であれば無料で保証サービスを受けることができる

「AppleCare +」はその保証期間を1年延長し、トータルで2年間の保証を受けることができる

また、「AppleCare +」に加入すると、過失や事故による損傷や、バッテリーの劣化時に特別な価格で修理サービスを受けることができる

長くApple製品を使いたい人であれば、加入することで安心を得られるだろう。

AppleCare + for ヘッドフォンは、AirPods ProをはじめとしたAirPodsシリーズや、Beatsのイヤフォン・ヘッドフォンを対象とした有料の保証サービスだ。

AirPods Proの購入時に追加で、3,400円(税別)を支払うことで加入することができる。

もちろんAirPods Proだけでなく通常のAirPodsや、beatsなどのApple製のイヤホンを購入する人であれば全員にオススメだ。

「AppleCare + for ヘッドフォン」の保証範囲をご紹介

AppleCare + for ヘッドフォンで、受けることのできる保証の範囲は下記のとおりだ。

メリット

AirPods、Beatsイヤフォン、Beatsヘッドフォン本体

AirPods Proの写真

保証の対象となる範囲だが、当然のことながらイヤフォン・ヘッドフォンの本体が対象に含まれている。

外で使うことも多く、ほぼ毎日装着する人がほとんどだと思うので、ちょっとした不注意や事故により損傷や故障がハッセする可能性は低くはない。

安心して長期利用したいなら、AppleCare + for ヘッドフォンに加入した方がよいだろう。

付属のUSB充電ケーブル

Lightning(ライトニング)ケーブルの写真

意外と知られていないがAppleCare +は本体以外に、購入した際の付属品も保証の対象となる
本体と同梱されるLightning(ライトニング)ケーブルなどは、使っているうちに断線してしまうことも多いので、保証の対象に含まれるのはありがたい。

もし、断線してしまったなら、一度Appleに問い合わせて保証を受けることをオススメする。

バッテリー

AirPodsのケースの写真

個人的にAppleCare + for ヘッドフォンへの加入をオススメする一番の理由が、バッテリーの交換対応を受けることができる点だ。

AppleCare+ for ヘッドフォンに加入していれば、AirPod または充電ケースのバッテリーの蓄電量が本来の80%未満に劣化した場合は、そのバッテリーを無償で交換してもらえるのだ。

通常であれば、劣化によるバッテリー交換は有償サービスなのだが、AppleCare+ for ヘッドフォンに加入すれば無償でサービスを受けることができる。

下記の表にまとめるが、加入・未加入でこれだけ料金の差が発生する。

AppleCare+加入時と、未加入時のバッテリー交換価格の比較表

AppleCare+ の保証対象 バッテリーサービス料金
AirPods (全モデル) 0 円 5,400 円 (片方)
Charging Case、Wireless Charging Case
(全モデル)
0 円 5,400 円

もし仮に、AppleCare+に未加入でAirPodsの両耳と、チャージングケースのバッテリー交換を行う場合は、16,200円(税別)が費用として発生する。

対して、AppleCare+ for ヘッドフォンへの加入費用が3,400円(税別)なので、2年以内に片耳でもいいのでバッテリー交換をすれば元が取れる計算になる。

僕は初代のAirPodsも利用していたのだが、経験上1年半を超えたくらいでバッテリーの劣化により、充電切れが早くなる傾向を感じた。

なので、1年半のタイミングでAirPods Proの両耳とチャージグケースのバッテリーを交換すれば、あともう1年半は万全の状態で使い続けることが可能になる。

最初に少し費用を払うだけで、製品寿命が実質倍になるのだから入らない理由はないだろう。

もちろんそれまでに最新の機種が発売される可能性もある。

ただ、その際はバッテリー交換したAirPodsProであれば、メルカリやヤフオクでの売値も高くなるだろう。

それをもとでに最新機種に格安で移行することもできるので、資産価値をキープする意味での加入も有りなのではないだろうか。

過失や事故による損傷に対する修理などのサービス

保証範囲については、最後に過失や事故による損傷に対する保証についても説明しよう。

AirPods (片方または両方) や充電ケースが破損した場合は、AppleCare+ for ヘッドフォンに加入していれば2回までは特別料金でサービスを受けることができる。

こちらも表にまとめたので解説をしていこう。

AppleCare+加入時と、未加入時の修理費用の比較表 AirPods Proの場合

AppleCare+ サービス料 保証対象外修理サービス料金
AirPods Pro 3,400 円 9,800 円 (片方)
Wireless Charging Case for
AirPods Pro
3,400 円 9,800 円

AppleCare+加入時と、未加入時の修理費用の比較表 AirPodsの場合

AppleCare+ サービス料 保証対象外修理サービス料金
AirPods 3,400 円 7,800 円 (片方)
Charging Case 3,400 円 6,800 円
Wireless Charging Case 3,400 円 7,800 円

ご覧の通り、AirPods Proと通常のAirPodsいずれも、未加入時よりも安く修理サービスを受けることが可能だ。

バッテリー同様、1回でも修理サービスを受ければ元が取れるので、修理の観点からも加入がオススメだ。

ちなみに、紛失に関しては保証が効かないのでその点は注意が必要だ。
created by Rinker
Apple(アップル)
¥29,036 (2021/07/29 19:43:06時点 Amazon調べ-詳細)

「AppleCare + for ヘッドフォン」の加入方法は?

ここまでの内容で、加入のメリットは伝わっただろうか。

もしそう感じてもらえたなら、加入の方法もご紹介するのでもう少しお付き合いしてほしい。

まず基本情報として、AppleCare + for ヘッドフォンは、商品の購入時と、商品の購入から30日以内が加入できるタイミングになっている。

また、オンライン通販と店頭購入で加入のフローが異なるので軽く触れておこう。

オンラインショッピングの場合
Appleの公式サイトやAmazonで購入する際は、Air Podsをカートに入れる前後で、「AppleCare + for ヘッドフォン」の購入についてレコメンドがあるので、これらをカートに追加して購入することで自動的に保証が付与される。

Appleの公式サイトでは、カートに製品を入れた状態で購入に進むと、AppleCare + for ヘッドフォンの購入ボタンが出てくる。
Apple公式サイトの購入画面

Amazonの場合は、商品ページのカート下に、保護プランの追加という項目が表示されている。

項目内のAppleCare+ for Headphones – AirPods Proのチェックボックスを選択する。

あとはそのままAirPods Proを購入すれば自動的に加入が完了する。

Amazonの購入画面
created by Rinker
Apple(アップル)
¥29,036 (2021/07/29 19:43:06時点 Amazon調べ-詳細)

・店頭の場合
AppleStoreや家電量販店で購入の際は、店員さんにAppleCare + for ヘッドフォンに加入したい旨を伝えれば、お会計時に加入手続きも含めて対応してもらうことができる。

・購入のタイミングで加入できなかった場合は?
もうすでにAirPods Pronを購入して使っているが、後からAppleCare + for ヘッドフォンに加入したい場合について。
もし、AirPods Proの購入から30日以内であれば、Apple Storeの店頭か電話でのお問い合わせで加入することが可能だ。

かく言う僕も、後からAppleCare + for ヘッドフォンのメリットに気づいて慌てて加入したのだ。

僕の場合は、生活圏内にApple Storeが有ったので店頭にて加入手続きを済ませた。

・店頭で加入手続きをする場合

下記の2点について注意してほしい。

混雑時は待ち時間が発生するので、事前に来店予約を済ませておこう。

自分のAirPodsのシリアルコードは控えておくこと

特に後者が忘れがちだが重要だ。

シリアルコードを元に保証の付与がされるので、事前に調べてから店頭に向かおう。

シリアルコードは、AirPodsの化粧箱と充電ケースの内側に記載されている。
充電ケースの内側は、文字が細かすぎるので化粧箱を確認する方がおススメだ。

僕の時はシリアルコードを控えておらず、AppleStoreのお兄さんがその場でケースの内側のシリアルを見え辛そうに確認していたので、この記事を読んだ方は迷惑をかけないように事前に確認しておこう。

・電話で加入手続きをする場合

近隣にAppleStoreがない、店舗に行くのは面倒という場合は、下記の番号にお問い合わせすることで加入できる。
こちらも事前にシリアルコードは確認しておこう。

Tel:
0120-277-535

通話可能時間:
平日、土曜日の9時から21時

created by Rinker
Apple(アップル)
¥29,036 (2021/07/29 19:43:06時点 Amazon調べ-詳細)

「AppleCare + for ヘッドフォン」は本当に必要?

AirPods Proの写真

この記事の冒頭と繰り返しになるが、AppleCare + for ヘッドフォンの加入費用が払えるならば、間違いなく入るべきだ。

損傷の保証や修理サービスであれば、注意すれば大丈夫だろうと僕も思うかもしれない。

大事なのは、AppleCare + for ヘッドフォンの最大のメリットはバッテリーを無料で交換できる点だ。

損傷については、取り扱いを注意すればある程度は防げる。

しかし、バッテリーの劣化については、AirPods Proを使い続ける以上は防ぐことができない。

AirPods Pro自体がそこそこ高価なので、どうせなら使い倒すべき製品だと僕は思う。

なので、少しでも長くAirPods Proを使うためにAppleCare + for ヘッドフォンの加入をおススメさせていただく。

「AppleCare + for ヘッドフォン」のまとめ

以上が、「AppleCare + for ヘッドフォン」についてのご紹介だ。

要点をまとめると。

「AppleCare + for ヘッドフォン」はApple製のイヤホンの購入時か、購入してから30日以内であれば、オンラインや店頭で加入ができる。

加入にかかる費用は、3,400円(税別)だ。

加入すると、2年以内であれば無償のバッテリー交換サービスや、特別価格での修理サービスを受けることができる。

その他にAirPods Proと合わせて買いたいアイテムの紹介

AirPodsにケースを装着した写真

個別の記事でも紹介をしています。

突然値下がりしたAirPods Proと合わせて購入したい、オススメのアイテムをご紹介

2021年5月1日

最後に、AirPodsを購入する際に合わせて購入すべきアイテムをご紹介する。

特に大事なのがケースだ、AirPods Proは今でこそ持っている人が極端に多くはないが、供給が安定すると多くの人が持ち歩くようになる。

職場などで、どれが自分のAirPods Proかわからなくなる場合があるかもしれない。

本体の保護はもちろんのこと、目印としてもケースの装着をオススメする。

特にオススメなのがこちら↓

紹介記事はこちら↓

AirPods Proを失くさないためのオシャレなケースをご紹介

2020年5月29日

また、ケースについてはカラビナ付きを個人的にはオススメしたい。

紛失はAppleCare +の保証外なので、AirPods Proを落としてしまったらそれで最後だ。

ポッケに放り込むのでなく、しっかりと定位置を用意することで紛失のリスクを減らそう。

無印AirPods利用時にカラビナケースを使っていた際の記事↓

AirPodsを、どこにしまうか問題を解決してくれるケースカバーをご紹介!

2019年3月13日

もう一つオススメなのが、ケースに埃やゴミが溜まるのを防ぐダストカバーだ。

AirPodsのケースは、イヤホンの取り出しの度に開閉するのでゴミが溜まりやすい。

ゴミが溜まると視覚的にも汚いし、不衛生だ。

そこでこのダストカバーを装着すれば、汚れが溜まってもカバーを交換すれば綺麗な状態を維持できる。

もしAirPodsが不要になり、メルカリなどで出品する際も綺麗な状態で売りに出せる。

Apple製品のリセールバリューの高さを維持することが可能だ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です