「PRESSo」と合わせて持ちたい小銭入れ「CHIP」をご紹介!

    以前ご紹介した、ミニマルな財布「PRESSo」

    キャッシュレスの最前線、ミニマルな財布「PRESSo」を持ち歩こう。

    2019年8月18日

    コンセプトはさることながら、そのデザインと質感が気に入り、僕のメインの財布として毎日ポケットに入れて持ち歩いている。

    基本的にこの財布を開くのはカード決済のタイミングが大半だ。
    カードが使えないシーンに備えて、紙幣を「PRESSo」に忍ばせているが、なるべく使いたくないのが本音だ。

    おつりの小銭を収納すると財布の形が崩れたり、そもそもしまいきれないケースが出てくる。

    そこで活躍するのが本日ご紹介する「CHIP」だ。

    「CHIP」は「PRESSo」と合わせて持ちたい最高の相棒

    「CHIP」は「PRESSo」を企画した「drip」が販売する小銭入れだ。

    「PRESSo」の小銭収納をカバーすることで、余った小銭入れのスペースにメモリーカードなどの小物を収納するなど、使い方の可能性を広げることをコンセプトとしている。

    カラーも「PRESSo」のカラーと合わせた、モカ、アメリカーノ、ブラック、トープ、リモーネの5色展開となっている。

    僕は、モカ色の「PRESSo」を使っているので、「CHIP」もモカをチョイスした。

    並べてみると、「PRESSo」の方が経年劣化でやや色が暗くなっているが、「CHIP」も使い込んでいくことで、より統一感が出くることだろう。

    “CHIPとPRESSoを並べた写真”

    見た目もさることながらサイズ感も丁度いいバランスを保っている。
    「PRESSo」自体がコンパクトなのだが、「CHIP」はそれ以上に小さい。

    手に持ってみると、中指の先端から第二関節に収まる程なので、いかに小さいかが伝わるだろう。

    “CHIPを手に持った写真”

    そして肝心な小銭入れとしての機能面について紹介をしていこう。

    チャックを開けてみると、「CHIP」本体がガバッと広がるようになっている。
    実際に小銭を詰めてみると、思った以上に収納ができるので驚きだ。

    “CHIPに小銭を詰めた写真”

    本体の薄さと小ささに見合わず、かなりの枚数の小銭を収めることができた。
    小銭の逃し先としては十分機能するだろう。

    小銭入れが本来の役割だが、むしろこちらにカメラ用のメモリーカードを収納するのもいいかもしれない。

    いずれにせよ、持ち歩く際は取り出しやすいようにポケットに忍ばせておくといいだろう。
    僕の場合は、ズボンにコインポケットがついている場合は、そこにしまうようにしている。

    “コインポッケにCHIPをしまう写真”

    小銭を入れた状態でしまっても、ズボンに膨らみがでることがないのが嬉しい。

    以上が「CHIP」の紹介だ。

    もし「PRESSo」を持っているのであれば、ぜひ合わせて持っておきたい一品だ。

    こちらは以下のリンクより購入が可能なので気になる方は、ぜひチェックしてみてほしい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です