美味しいハンバーガーを食べに行こう!Vol.2 浅草 スケロク ダイナー

kaz
こんにちは!
kazlogのカズ(@kaz_fukumaru)です。

先日、恵比寿の「Burger Mania」(バーガーマニア)でハンバーガーを食して以来、
美味しいハンバーガーをもっと食べたいという欲求が湧いてきた。

そこで色々とハンバーガーショップを調べているうちに、浅草に美味しいハンバーガーを出すカフェ・レストランがあるとの情報を仕入れることができた。

スケロク ダイナー それが今回ご紹介するお店だ。

浅草のスケロク ダイナーで名物の「スケロクバーガー」を食す!

“スケロクダイナーの店舗の外観写真”

都営地下鉄の浅草駅を隅田川沿いの出口から地上に昇り、隅田公園に面した通りを進んだ一角に、
スケロクダイナーはお店を構えている。

そのオシャレな外観から、前情報なしでは美味しいハンバーガーを食べれるとは想像ができないかもしれない、それくらいに際立った雰囲気を纏っている。

早速扉を開けて店内に入るとオシャレな内装に再び驚かされる。

“スケロクダイナーの店舗内の写真”

若干緊張で固くなりながらも、テーブル席に腰を落とす僕、目的は決まってはいたが改めてメニューに目を通してみる。

本日のお目当はハンバーガー好きから評判の「スケロク バーガー」だ。

早速オーダーを依頼する。

オーダーと入れ違いにボトルに入った水がテーブルに置かれた。
一緒に置かれたグラスがオシャレすぎて、本当にこれがグラスなのか困惑し辺りを見回すが、皆それで水を飲んでいるので間違いはなさそうだ。
(ドライフラワーを飾るためのグラスなのではないかと本気で勘ぐってしまった。。)

お店の雰囲気にも慣れて落ち着いた頃に、僕のテーブルに一つのお皿が届いた。

“スケロク

色とりどりの野菜の横に鎮座するハンバーガーの姿に目を奪われる。
ナイフが突き刺さったその姿は迫力満点だ。

聖剣を岩から引き抜くような思いで、このナイフを外し包み紙にバーガーを挟んでいく。
この瞬間のワクワクは何度味わっても堪らないものだ。

“スケロク

そして最初の一口。

パティの柔らかさとバンズのしっかりとした歯ごたえ。

そして口の中に広がるしっかりとした肉の旨味。
決してしつこ過ぎず、あっさりし過ぎてもいない絶妙なバランス。

見た目のボリューに反して非常に食べやすく、最後まで味を堪能することができた。

あまり大きいバーガーは食べきれるか心配という人でも、
問題なく完食できるのではないだろうか。

バーガーを完食した僕は、セットで注文したコーヒーを飲みながら店内を見回す。
(ランチタイムは+200円で注文できる!※価格は来店時のもの)

たっぷりの自然光に照らされた店内は、ここが浅草であることを忘れさせるような景観だ。

美味しいバーガーを食べたうえで、この空間で優雅なひと時を過ごせるのだから、
何度でも来たくなってしまうのは当然だ。

今回ご紹介したのはいわゆるハンバーガーだが、スケロクダイナーには朝食から、ランチ、ディナーまで様々なメニューが用意されている。

どんなメニューがあるのか気になる人はぜひ、ホームページを確認してみるとよいだろう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です