サウナ好き必見!改良湯は、渋谷・恵比寿エリアの憩いのサウナ付き銭湯

平日の夜7時、業務も一通り片付けてそろそろ帰ろうかという頃合いに、同僚とサウナにでも行かないかと話にあがった。

ここ最近の業務の忙しさもあり、いいアイデアだと賛同し近くにサウナがないかどうか探し始めた。

そこで見つけてたのが「改良湯」。
渋谷と恵比寿のほぼ中間地点にあるサウナ付きの銭湯だ。

渋谷駅から徒歩5分、仕事終わりに一息つけるサウナ付き銭湯「改良湯」

改良湯までは職場からそこそこ郷里があったので、ここは大人の余裕を発揮するところだと、タクシーでの移動を選択した。

5分ほどで「改良湯」沿いの通りに着いたので、そこでタクシーを降りた。

少し細い路地を進んでいくと、夜道に巨大なクジラの壁画が視界に入ってきた。
どうやらこの壁画が「改良湯」の目印らしいので、近辺で迷った場合はこのクジラの壁画を目指すと良いだろう。
改良湯の壁画の写真

壁画から少し回り込むと、いかにも銭湯らしい入り口が待ち構えている。
イメージしていた銭湯よりもはるかに綺麗だったので、正直驚いた。
改良湯の入り口の写真

靴箱に靴を預けると、すぐ横に券売機がある。
PayPayにも対応しているとのことで、キャッシュレス推進中の僕は迷わず、
PayPayで支払うことにした。

PayPayで支払いを行う際は、直接受付に向かいそこでQRコードを読み込み支払いを行うこととなる。

今回はサウナ利用なので、入浴料+サウナ利用料(タオル付き)で、
合計820円となっている。

支払いを終え、タオルとサウナ用のキーを受け取り、いざ更衣室へと向かう。
更衣室も非常に綺麗で、まるで旅館の温泉の更衣室のような内観となっている。

更衣室内には、自動販売機が設置してあるので長湯やサウナを楽しむ方にも嬉しい。
値段も通常の自動販売機と同じなのがありがたい。

「改良湯」のお湯とサウナを満喫する

早速、浴室へと進む。
入り口入って左手に浴槽、正面がシャワースペース、右手にサウナと水風呂が設置されている。

平日の夜の時間帯とういうこともあり、仕事終わりの社会人で賑わっていた。
特にサウナの入り口前には行列ができていたのには驚いた。

今日のお目当はサウナなので、早々に体を洗い終え、サウナの待機列へと並ぶ。
中から人が出てくると、入れ替わりで人が入っていく。

5~10分ほどで、自分たちの番が回ってきた。

サウナ室の中は、3席3列程度なので9名くらいのキャパになっている。
室内の温度は100度くらいで、特にTVなどは設置されていない硬派な仕様になっている。

サウナは暑すぎると長く入っていられない方なのだが、「改良湯」のサウナについては、相性がいいのかじっくりと汗を流すことができた。

この日はサウナと水風呂を3セットで回した。

サウナを終えた後は、湯船を楽しむことにした。
炭酸泉はお湯の温度以上に、じんわりと体を包み込むような温かさを感じることができ、非常に心地が良い。

最後にもう一度水風呂に浸かり、浴室を出ることにした。
炭酸泉で開いた毛穴に、水風呂が染み込む感覚が最高に気持ちよかった。

「改良湯」の更衣室のアメニティの需実度がすごい

浴室から上がり、更衣室で体を乾かす前に備え付けの化粧水を使ったのだが、これがかなり肌への滲み具合が心地よくて驚いた。

パッケージをよく見てみると、価格が1万円との記載がありもう一度びっくりした。
こんな質のいい化粧水が使えるとは思っていなかったので、かなりお得な気持ちになった。

次にドライヤーだが、たまに銭湯でみかける、お金を払って利用するタイプだ。
20円で3分利用できるのが、使えるドライヤーがまた凄い。
美容院で使われるような、プロフェッショナルドライヤーが設置されているのだ。
3分で髪が乾くか心配だった僕の不安は一瞬で吹き飛んだ。

このように普通の銭湯にはないような、ハイクラスな設備が利用できるのは、
個人的にかなり満足度が高かった。


以上が、「改良湯」を使ってみての感想だ。

僕自身もぜひリピートしたいと思える、オススメの銭湯なので、渋谷・恵比寿近辺で働く方の仕事終わりのリフレッシュにぜひオススメしたい。

地図はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です