表参道散歩、abrAsusでおなじみのSUPER CLASSICの直営店を訪問!

久しぶりに予定のない土曜日を過ごすことになり、どこに行こうか迷った末に表参道に足を運ぶことにした。目的は、僕も愛用している薄い財布「abrAsus」を提供している「SUPER CLASSIC」の直営店だ。

「SUPER CLASSIC」から新発売された、「ひらくPCリュック」が気になっており、
実際にこの目で製品を見て、触れてみたいと思ったからだ。

直営店に訪問するのは初めてだったので、期待に胸を膨らませて最寄りの表参道駅へと向かった。

SUPER CLASSICの直営店に初訪問!

休日ということもあり、表参道駅周辺はオシャレな着こなしをした老若男女で賑わいをみせていた。

目的地の「SUPER CLASSIC」の直営店は、住所でいうと南青山にあるので、表参道駅から青山方面に細い路地を抜けていくかたちになる。

さすがの南青山。道中にはオシャレなセレクトショップがいたるところに立ち並んでいる。
売り物は勿論、お店の外観や店内のレイアウトに目を奪われつつも、僕の目的は決まっているので、歩みを進めていく。
さらに細い路地に入っていくと、コンクリート造りのオシャレな外観の建物が視界に入った。
この建物の2階に「SUPER CLASSIC」が直営店を構えている。
“ビルの外観の写真”

店舗は2階なので階段を昇っていくと、すぐ目の前に店舗の入り口があるので迷うことなく店内に入ることができた。

ついに訪れることのできた直営店の店内は、「SUPER CLASSIC」の販売している製品が所狭しと並べられている。

僕が愛用しているabrAsusの薄い財布も、様々な革のバリュエーションやカラーのものが並んでおり、思わず手にとって見入ってしまう。
“abrAsusの薄い財布の写真”

今使っている薄い財布も、購入してから結構な時間が経っているので、そろそろ別のカラーや革のモデルが気になっていたので、実際に見て触ることができたので購入の際の大きな判断基準になった。

僕の使っているabrAsusの薄い財布の紹介はこちら

キャッシュレス時代を見据えた方にオススメしたい、abrAsus (アブラサス)の「薄い財布」

2019年5月23日

特に気になったのが、ブッテーロレザーのモデルだ。
ヌメ革が使われており、触った際の手触りは勿論、視覚的に見ても質感に高級感があり、大いに物欲をそそられる一品に仕上がっている。
“abrAsusの薄い財布のブッテーロモデルの写真”
写真の右側に写っているのがブッテーロモデルのabrAsusの薄い財布だ。

恐らく次に購入するとしたら、このモデルの黒かキャメルカラーを選ぶと思う。

他にも店内を見回してみると、今話題の歌舞伎町の有名ホスト、ローランド様も愛用する薄いメモも展示されていた。この製品もコンセプトは勿論、実用性も高く気になっていた一品だ。
“薄いメモの写真”

魅力的な製品に囲まれ、いくらでも時間を過ごせそうな気持ちでいると、お目当のひらくPCリュックを見つけた。
“ひらくPCリュックの写真”

リュック好きの僕が今一番注目している一品だ。

プライベートは勿論、仕事にも最適なリュックになるのではないかと思い購入を検討している。
商品の特徴としては、リュック自体が自立し、まるでペンケースかのように物の出し入れが可能となっている。

また、現代の持ち物に最適化された収納スペースの配置や数の多さも魅力の一つだ。

個人的には、リュックのマチが比較的大きいつくりなので、デジタルカメラやレンズを収納しやすさに期待している。

実際に手に取り観察していると、店員のお姉さんがぜひ実際に背負ってみてくださいとおっしゃってくれたので、試しに背負ってみると肩紐のクッション部分がしっかりしており背負い心地も良好だ。

購入することはぼぼ決まっているが、悩ましいのはカラーだ。

ひらくPCリュックは現在、ブラック、グレー、ネイビーの3色展開となっている。
どの色も製品のデザインとマッチしており、一つに絞るのが難しいくらいだ。

個人的には、ネイビーが気になっているので次の給料日がきた暁には、僕のリュックコレクションが増えることだろう。

様々な製品に見て触れることができたので、直営店に来てよかったなと改めて感じた。

余韻を感じつつ表参道方面に戻っていく。

せっかくの休日なので、表参道をフラつくことにした。
色々お店を見つつ歩みを進めていくと、街並みに若干の違和感を覚えた。

本来ならばガラス張りのApple Storeがあるはずの場所に、別の建物が建っている。
変だなと思いながらよく見てみると、Appleのロゴが壁面にあるのを確認できた。
“Apple

まちがいなくこの建物はApple Storeなのだ。

店内に入ってみると、一枚の立て看板が立っていた。
どうやら店舗のリニューアル中とのことだ。
“立て看板の写真”

これまでも十分にオシャレな雰囲気をまとっていた表参道のApple Storeがさらにクリエイティブになるとのことなので、リニューアルが完了した際にはぜひ足を運んでみたいものだ。

久々に予定のない土曜日だったが、様々なモノに見て、触れることのできた有意義な1日を過ごすことができた。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です