キャッシュレス時代を見据えた方にオススメしたい、abrAsus (アブラサス)の「薄い財布」

kaz
こんにちは!
kazlogのカズ(@kaz_fukumaru)です。

昨今、高還元率のクレジットカードや、QRコード決済サービスの普及により、
現金による支払いの機会が少なくったという方もいるかもしれない。

キャッシュレス時代の幕開けと世間が騒ぎ始める一方で、個人経営のご飯屋さんでの会計や、飲み会の割り勘時など、未だに現金が手放せないのが現状だ。

本日は、そんなキャッシュレス時代への展開期に、最適な財布を紹介してみる。

ミニマルな財布 abrAsus(アブラサス)の薄い財布でキャシュレスへの移行を目指す

“abrAsusの薄いの写真”

好きなブランドだから、デザインが好きだから、カードが一杯入るなど、財布を選ぶ基準は人それぞれだ。

今回紹介する財布は、ポケットに入れて持ち歩く際の「快適さ」を追求した製品。

財布を持ち歩く際にポケットにしまう人は多いと思う。
その際、財布が膨らみズボンやジャケットのシルエットを損なったり、取り出しに不自由するシーンがあると思う。

そんな課題を解決するために、薄さを追求したのがabrAsus(アブラサス)の薄い財布だ。

abrAsusの薄い財布は、名前の通り非常に薄い革で構成されており、お札や小銭、カードを類を包み込む様にして収納する。この革の厚さや重なり具合の緻密な設計が薄さの秘密であり、このプロダクトへの想いが詰め込まれた要素だ。

iphoneと並べてみるとその薄さが分かるはず。
“iphoneとabrAsusのサイズ比較写真”

それでは収納スペースを一つずつ確認していこう。

お札の収納スペース。

“お札を収納した写真”

お札を挟み込むようにして格納するかたちだ。
財布を開けた際に、紙幣の表面が目に入るので金種を把握しやすい。

お札を取り出す際は、手前に滑らせるような形で取り出す、
慣れてくると銀行員の方が、お札を数えるときのようにスムーズに必要な枚数を取り出せるようになるので心地いい。

カードの収納スペース。

“カードを収納した写真”

カードは、一つのスペースに4~5枚を重ねるかたちだ。
横からスライドさせて出し入れをするので、あまり枚数を詰めすぎると取り出しにくくなってしまうので注意が必要だ。

収納するカードがエンボスと呼ばれる凹凸がないものであれば、最初から5枚までは格納できるが、エンボスのあるものが含まれると最初から5枚を収納するのは難しいので、革がなじむまではある程度持ち歩くカードを厳選する必要がある。

基本的にカード類を収納できるのは、このスペースのみなのでポイントカード類は、
別途カード入れを持ち歩く必要が出てくる。

僕自身は、この財布を使う以上は、なるべく決済周りをミニマルな環境にしたいという考えから、
ポイントカードについて電子化できるものは全てiphoneのアプリに移行した。
移行できないものについては断捨離する決断をした。

小銭の収納スペース

“小銭を収納した写真”

財布の下部に用意されたこのスペースは、財布を極限まで薄くしながらも、
小銭の収納スペースとしての機能を満たすために、999円分、15枚の小銭を格納できる。

15枚、この制限があることで闇雲にお札で支払うのではなく、いかにお釣りを減らすかを考えながら会計をするようになったし、そもそもカードやQRコード決済サービスを多用するようになった。

ミニポケット

“鍵を収納した写真”

最後に、メインの収納スペースとは異なるが、鍵などをしまうことを想定したミニポケットも備わっている。
革に負担がかかるのであまりお勧めはしないが、僕自身はモバイルSuicaを導入するまでは、
この部分にSuicaの物理カードを収納していた。

ミニマルな財布 abrAsus(アブラサス)の薄い財布を使ってみて

僕が薄い財布を使い始めてから2年が経った。

購入の動機は、なるべく持ち物を少なく軽量化したいという一心からだ。
それから今に至るまで、特に不満なく愛用している。

特にここ半年間で、より愛着がわいてきた。

その理由としては、先に述べたようにカードやQRコード決済が一般化したなかで
これらの決済サービスの穴を埋められる点だ。

基本的にカードケースとしての役割をメインとしながら、
お札や小銭が必要なシチュエーションにも対応できる。

僕の場合は、ライブに行った際のロッカーの支払いや、
Suica対応していない自動販売機を利用するシーンで活躍する。

財布なんだから当たり前に思えるが、
この実用性をこの薄さで、ストレスなく携帯できる点は間違いなく、
この製品の利点だ。

今後、キャッシュレス化が進めば、
いずれは現金を持ち歩く必要もなくなるかもしれない。

そんな未来に期待しつつ、その時がくるまで僕はこの財布を使いつづけるだろう。

abrAsusの薄い財布は、革の種類や加工によって、
いくつかバリエーションがあるので、自分に合った最高の財布を見つけてほしい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です