サードパーティ製のベルトで安価にApple Watchを着せ替える

kaz
こんにちは!
kazlogのカズ(@kaz_fukumaru)です。

Apple Watchは手軽にベルト交換ができるので、
少し気分を変えたい時など、シーンに合わせた着せ替えができる点が個人的に気に入っている。

一方で純正のベルトはそこそこにお値段が張るので、
様々な種類を集めたい、安価にベルト交換を楽しみたいという方も多いはず。

そこで本日は、Apple Watchのベルトについて、
純正品ではなくサードパーティー製の製品について紹介していく。

サードパーティー製のApple Watchのベルトのメリット・デメリット

まず製品の紹介を始める前に、サードパーティー製のベルトを購入するメリットとデメリットをまとめてみた。

この点をふまえて、純正のベルトとサードパーティ製のベルトの購入を検討してみて欲しい。

メリット
・Appleの純正品よりも安価に購入することができる
・純正品にないデザインのベルトが使える
・安価なので扱いに気を使わずに済む

デメリット
・製品の品質についてはピンキリな点
・同じ製品の買い直しが難しい場合がある

メリット・デメリットをまとめみると上記のとおりだ。

メリットとしては、安価で自分の気に入ったデザインのベルトを購入できる点、
また、安価ゆえに扱いも気にしすぎずに済む点があげられる。

一方でデメリットとしては、Amazonや楽天をはじめとしたECサイトで、
様々な製品が売られているが、製品の質はピンキリなので、
レビューを参考にして見極める必要が出てくる。

また、純正と違い常に製品の在庫が確約されていないので、
買い直そうと思っても、同製品を購入できないケースがある。

簡単にまとめてみたが、個人的にはメリットが勝っていると感じたので、
同じく問題ないと感じるならぜひこの後の紹介記事を読んでほしい。

安価にApple Watchのベルトの着せ替えを楽しむ

“Apple

サードパーティ製のApple Watchのベルトの購入方法だが、
先述のとおりAmazonや楽天をはじめとしたECサイトで購入が可能だ。

購入時の注意点としては、自分の持っているApple Watchのベルトのサイズ幅がいくつなのかを確認しておこう。

今回は身の回りの小物を革製でまとめているので、革製のベルトを購入することにした。
購入に利用したサイトはAmazonだ。
僕のApple Watchは第2世代目でベルト幅が38mmとなっている。

Amazonの検索窓に、上記の情報を元に、
Apple Watch 38mm ベルト 革
と入力した。

結果400近い商品がヒットした、この中から自分好みのデザインの商品を探してみる。
今回は安価かつ、自分の持っている小物の色合いとの統一感のあるものを購入することにした。

サードパーティー製のApple Watchのベルトをレビュー

“ベルトを付け替えたApple

注文したベルトが届いてから、しばらく使ってみたので早速レビューをしてみる。

写真が到着した製品だが、問題なくApple Watchに装着ができている。
革自体の色合いも問題なく、装着してしばらく経つが革が剥がれたりということもない。

腕時計の性質上、手洗いの際など水に濡れるようなケースが避けにくいので、
何回か濡れてしまったが、今回の革の色もあってかシミなどもできていない。

以上、概ね問題なく使用できている。
むしろ、持ち歩く小物との統一感を安価で実現できたので大満足だ。

“革製品を並べた写真”

結果的に今回の買い物は大成功だったと言えるだろう。
購入前には、商品のレビューなども参考にしたので、特に心配はしていなかったが、
思い通りの製品を手に入れることができて良かった。

今後もシーンや気分にあわせたベルトを購入しようと思う。

皆さんもぜひ、自分にあったベルトを探してみてはいかがだろうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です